『初心者向け』副業Webライターを始める手順3つを解説【経験談】

こんにちは、takeです。

「Webライターとして副業をしたいけどどうすればいいんだろう?」「Webライターの始め方ってどんな感じだろう?」

こういった疑問に答えます。

僕は現在、会社員で副業でWebライターをした経験があります。
また、Webライターを始めた初月で5,000円稼ぐことが出来ました。

こういった僕が解説します。

本記事の内容は以下の通りです。

  • 副業Webライターを始める手順3つ
  • Webライターとして副業するとどれくらい稼げるのか
  • Webライターは資産が増える

順番に解説します。

目次

副業Webライターを始める手順3つ

副業としてWebライターを始める手順は以下の3つです。

  • ①基礎学習をする
  • ②クラウドソーシングに登録をする
  • ③仕事を受注する

順番に解説します。

①基礎学習をする

まずは基礎学習をしましょう。

基礎学習と聞いたら「めんどくさそうだなー」と思う方がいるかも知れませんが安心してください。

本を買って読むだけでOKです!丸暗記する必要はなく、読んで頭の片隅に置いておくだけで良いですよ。

それもたった2冊だけ読んでおけば大丈夫です。

その①:「文章術のベストセラー100冊」のポイントを一冊にまとめてみた。

この本では、分かりやすい文章の書き方を学べます。

Webライティングでは、読み手が分かりやすく理解できるような文章を書く必要があります。

この本を読むことで文章を書くのが苦手な人も、ある程度文章の書き方が分かると思います。

その②:沈黙のWebライティング

この本では、「Webライティングとは何か?」が分かります。

これからWebライターとして副業を始める方は、こちらの本を読んでおけば「Webライティング」について理解できますよ。

こちらの本を読むときは、1回目をさらっと読んでもらって、実際に仕事をやったあとにもう一度読むと理解が深まります。

本を読むことは大事ですが、あれこれ知識を詰め込むと文章が書けなくなるので、さらっと読んで実際に仕事をしてみた方が良いですよ。

ということで早速、仕事をするための準備に入りましょう。

②クラウドソーシングに登録をする

まずはクラウドソーシングに登録しましょう。

クラウドソーシングが何か分からない方のために簡単に解説をします。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人を繋ぐサービスです。例えば、記事を書いてほしい企業や人と、記事を書いて報酬を得たい人がいたとします。そういった時に、クラウドソーシングを通じて仕事を依頼・受注することができます。

※ちなみに登録は無料で、仕事を完了して報酬を得るときに手数料が引かれる仕組みなので、安心してください。こちらから支払う手数料などは一切ありませんよ。

ということで早速、登録していきましょう。

Webライティングにおすすめクラウドソーシング

とりあえず以下の2つに登録しておけばいいでしょう。

他にもありますが、登録しすぎると訳が分からなくなるかもしれないのでまずは、クラウドワークス
ココナラだけ登録しておけばいいでしょう。

僕がWebライターを始めた時は、クラウドワークスの一つだけ登録して実際に案件を見ることから始めました。

案件を見ることで、実際の仕事の内容のイメージが湧きやすくなりますよ。登録も案件を見るのも無料なので実際に見てみましょう。

クラウドワークスの登録・仕事の見方

ココナラも登録や仕事の見方は同じなのでクラウドワークスで解説していきますね!

⬇︎登録はここをクリックします。

⬇︎メールアドレスかFacebook・YahooID・Googleで登録できますよ!

⬇︎登録が済んだら、実際に仕事を見ていきましょう!

⬇︎Webライティングの仕事を見たければ、ここをクリックします。

⬇︎このようにライティング案件が出てきます。(PRと新着に注意しましょう)

⬇︎案件を探すときのポイントは、タイトルと文字単価と文字数を見ましょう。

③仕事を受注する

では早速ですが、仕事に応募していきましょう。

上記で仕事の見方を解説しましたが、応募する案件は固定報酬制(プロジェクト)にしましょう。

⬇︎絞り込みすると探しやすいです。

⬇︎下にある絞り込むをクリック!

そして自分が出来そうな案件があったら開いてみてください。開いたら依頼内容を確認して、「応募画面へ」というボタンをクリックして応募しましょう!

初めはドキドキするかもしれませんが、そこを思い切って踏み出せるかです。

誰だって最初は不安ですが、やってみると「案外こんなものか」と思うので、まずは応募をしてみましょう。

Webライターとして副業するとどれくらい稼げるのか

続いて、Webライターとして副業するとどれくらい稼げるのかを見ていきましょう。

  • Webライターで稼げる金額
  • Webライターが稼ぐために必要なこと

順番に解説します。

Webライターで稼げる金額

Webライターで稼げる金額は、ざっくりですが以下のような感じでしょう。

経験期間文字単価月収
半年未満1円以下月収3万円以下
半年〜1年未満1円〜1.5円月収3〜5万円
1年以上1.5円以上月収5万円以上
Webライターで稼げる金額の目安

大体こんな感じです。もちろん作業量や、文章が得意な人、タイピングが早いかなどにより月収もバラバラになります。

1年くらい続ければ、月収5万円は目指せるので、あくまで目安として知っておいてください。

※ちなみに、パソコンが使えなかった僕は初月で5,000円、Webライターとして副業で稼げました(文字単価が0.8円の記事を3本納品)。1番初めは大変ですが、徐々に慣れてくるので月に3本書いて5,000円って、結構ハードルが低いと思います。

Webライターが稼ぐために必要なこと

では、次はWebライターが稼ぐために必要なことを見ていきましょう。

  • 低単価案件はやらない
  • 単価アップ交渉をしてみる

順番に解説します。

低単価案件はやらない

まずWebライターが稼ぐために必要なことの一つ目が、「低単価案件はやらない」です。

その理由は、低単価案件をやることで時給が低くなり、結果的に月収が低くなるからです。

クラウドソーシングでは、低単価案件がかなり多いです。

例えば、⬇︎こんな案件はやらないようにしましょう。

低単価で10000文字って地獄です。全然「初心者大歓迎」じゃありませんよ。

こんな感じの案件が多くあるので、注意しましょう。

また、「自分は初心者だから文字単価0.2円じゃないとダメかな?」とか思わなくていいですよ!実際、文字単価1円以下の案件であれば必要スキルはそれほど変わりません。

仮に文字単価0.2円の案件を初めにやってしまうと、0.8円から始めた人に比べて単価アップしていくまでに時間が掛かりますよね?

なので繰り返しですが、初心者のうちほど低単価案件はやらないことが大事です。

単価アップ交渉をしてみる

Webライターが稼ぐために必要なことの二つ目が、「単価アップ交渉をしてみる」です。

その理由は、Webライターを始めると同じ依頼主の方から仕事を受けることが多いので、あなたの信頼と価値が高まるからです。

例えばですが、

  • Webライターを始めた当初:信頼ゼロ、価値も低い
  • Webライターを始めて3ヶ月:信頼少し高い、価値も少し高い
  • Webライターを始めて1年:信頼高い、価値も高い

となりますよね?

なので、1年経っても同じ単価で仕事をするのは間違っているのです。

大体10記事くらい書いたら、文字単価0.8円のところを1.0円にしてもらえないか依頼主に相談してみましょう。

  • 0.8円、2000文字の記事⇨報酬1600円
  • 1.0円、2000文字の記事⇨報酬2000円

同じ記事を書いても400円違ったら、結構大きいですよね?

なので繰り返しですが、Webライターが稼ぐために必要なのは「単価アップの交渉をすること」といえるでしょう。

Webライターは資産が増える

Webライターをやることにより、以下のような資産となります。

  • ライティングスキルが身に付く
  • SEOスキルが身に付く
  • 案件をこなした分だけ実績となる

順番に解説します。

ライティングスキルが身に付く

Webライターをやることで、「ライティングスキル」が身に付きます。

「ライティングスキル」があれば、会社でも役立つことがたくさんあります。

例えば、わかりやすいメールを打てるようになり、連絡がスムーズになります。連絡がスムーズになれば、生産性が上がりますよね。

それに一度身に付けてしまえば、他の仕事(ブログ)などにも活かせますよね。

そういった点からWebライターは資産が増えるといえるでしょう。

SEOスキルが身に付く

Webライターをやることで、SEOスキルが身に付きます。

SEOスキルとは、Google検索で上位にサイトやHPを表示させるスキルです。

SEOスキルがあれば、ブログやアフィリエイトサイトで上位を取れるので、クリックされやすくなり閲覧数が増えます。

そうなると、ブログやアフィリエイトで今後稼いでいくことも可能なので、SEOスキルは資産となりますね。

案件をこなした分だけ実績となる

Webライターに限りませんが、案件をこなせばこなすほど実績が積み上がります。

クラウドワークスでは、案件をこなせば依頼主から評価がされてプロフィールに表示されます。

良い評価が100個くらい付いているWebライターがいたらどうでしょう?

第三者がその評価を見たときに、「この人なら信用できそう!」と思いますよね。

といったようにWebライターでは、案件をこなせばこなすほど実績が積み上がり、信用資産が増えるでしょう。

最後に

この記事では、Webライターとして副業を始める手順などについて解説しました。

Webライターは、難易度がそれほど高くない副業と言えます。とはいえ、自分の力で月5万円稼ぐのはかなりハードです。

「たった3ヶ月で月収100万円!」とかいう話しもありますが、信じない方が良いですよ。それならみんな稼げていないとおかしいですからね。

なのでまずはやってみて、キツかったら挫折しても全然OKですよ!挑戦することが大事なので、失敗したら笑い話にすれば良いだけです。

長くなってすみません。以上です!

⬇︎基礎学習におすすめの本2冊

⬇︎登録しておくべきサービス

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる