【初心者向け】クラウドワークスは稼げないのか!月5万円稼ぐコツも解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、タケです。

クラウドワークスって稼げないの?
本当のところを知りたい。

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている人
  • ブログ歴3年目の副業ブロガー
  • これから副業を始めたい人、ガジェット好きな人に役立つ情報を発信
  • 当ブログ月間PV5,000ほど(リニューアル中)

この記事を読むことで、クラウドワークスは稼げないのかどうなのかがわかります。

また実際にクラウドワークスで稼いだ経験のある僕が解説していきます。

\ 無料で登録できるよ!/

というわけで早速、本題をみていきましょう。

本記事の内容は以下のとおりです。

  • クラウドワークスは稼げない?
  • クラウドワークスで月5万円稼ぐコツ
  • クラウドワークスのおすすめの仕事3選
  • クラウドワークス以外で稼ぐ方法

順番に解説します。

目次

クラウドワークスは稼げない?

はじめにクラウドワークスは稼げないのかについてお伝えしていきます。

タケ

結論からいうと、クラウドワークスは稼げます。

その理由は以下のとおり。

  • 月5万円なら副業でも到達可能
  • 在宅ワークだからスキマ時間を使える

順番に解説します。

月5万円なら副業でも到達可能

クラウドワークスが稼げる理由の1つ目が、月5万円なら副業でも到達可能だからです。

たとえば、Webライティングの案件で単価が1件5,000円の仕事があったとして、1ヶ月で10本こなせば月5万円です。

3日に1記事のペースなので、結構余裕があると思います。

ただ案件の単価は数百円から数万円と幅広いので、なるべく低単価な案件を受けないようにすることが大切です。

ちなみに僕はクラウドワークスを使って、Web制作(ホームページ制作)の案件で副業月8万円を稼げていたので、誰でも月5万円は到達可能でしょう。

在宅ワークだからスキマ時間を使える

クラウドワークスが稼げる理由の2つ目が、在宅ワークでスキマ時間を使えるからです。

基本的にクラウドワークスの仕事は、チャットによるやり取りのためオンラインで完結します。

なので自宅にいながら、スマホやパソコンでやり取りをすることができるため、スキマ時間を有効活用することができるんですよね。

通勤が必要な仕事であれば通勤時間は報酬が発生しませんが、通勤が必要ない在宅ワークができればその分、仕事の時間に充てることができるため報酬が増えます。

それに仕事の種類や数も豊富なクラウドワークスであれば、仕事を探す手間も省けるので時給をあげることができますよ。

クラウドワークスで月5万円稼ぐコツ

つづいてクラウドワークスで月5万円稼ぐコツについてみていきましょう。

月5万円あれば生活が変わるので、以下のコツを覚えておいてください。

  • スキルが上がる仕事を選ぶ
  • 良い評価を増やす
  • 継続依頼を受注できるようにする
  • プロフィールを作り込む
  • ポートフォリオを作る

順番に解説します。

スキルが上がる仕事を選ぶ

クラウドワークスで月5万円を稼ぐためには、スキルが上がる仕事を選ぶようにしましょう。

スキルが上がる仕事とは、仕事を積み重ねることにより技術が上がったり、クオリティが上がるような仕事のことです。

たとえば、

  • Webライティング
  • Web制作
  • 動画編集

などは仕事を繰り返すうちに技術やクオリティが上がりますよね?

反対にアンケート回答やデータ入力などの仕事はスキルが上がりにくいでしょう。

多少、タイピングが速くなったりするかもですが、案件の単価アップにはつながらないので注意が必要です。

というわけで、月5万円を稼ぐのであればスキルが上がる仕事を選ぶことが大事です。

良い評価を増やす

つづいてクラウドワークスで月5万円を稼ぐコツの2つ目が、良い評価を増やすです。

クラウドワークスには、案件を受注して納品すると依頼主(クライアント)から評価が送られてくるシステムがあります。

評価については誰でも見ることができるため、ほとんどのクライアントは仕事を依頼する前に案件の応募者の評価を確認します。

そこで良い評価がついている人には仕事を依頼しようと思いますが、悪い評価がある人には絶対依頼しません。

なので、はじめは良い評価を取れるようにクライアントの要望には全力で応えるようにしましょう。

良い評価が集まらないかぎり、仕事は取れないし、取れたとしても低単価な案件ばかりになってしまうので覚えておいてください。

継続依頼を受注できるようにする

クラウドワークスで月5万円を稼ぐコツの3つ目が、継続依頼を受注できるようにするです。

継続依頼とは同じクライアントから仕事を受注すること。

たとえば、Webライティングを1件受注して納品後に、同じクライアントからもう1件納品してくれませんか?と依頼されることがあり、これが継続依頼です。

いろいろなクライアントから仕事を受けるより、2~3人くらいのクライアントから仕事を受けた方が楽だし、やり取りも少なくて済むため効率よく稼ぐことができます。

なので、案件に応募するときは仕事の詳細文の中に「継続依頼あり」などと書かれている案件を狙うのがおすすめでしょう。

プロフィールを作り込む

クラウドワークスで月5万円を稼ぐコツの4つ目が、プロフィールを作り込むです。

クラウドワークスのプロフィールも、前述した評価と同じように誰でも見ることができます。

そのため、なるべく詳しく自分の情報を書いておいた方がクライアントの信頼を得やすいので、特技や自分のスキルなどは必ず記載しておきましょう。

たとえば以下のようなことを書くといいですよ。

  • 過去の実績
  • 週の稼働時間
  • 報連相がきちんとできる
  • 修正対応が可能
  • 無料で対応できる範囲

などですね。

人によると思いますが、これくらいは最低でも記載しておくことが必要でしょう。

プロフィールで信頼を勝ち取れれば継続依頼や高単価な案件が回ってくる可能性が高まります。

ポートフォリオを作る

つづいてクラウドワークスで月5万円を稼ぐコツの5つ目が、ポートフォリオを作るです。

ポートフォリオとは、作品集のような意味で使います。

ある程度、実績や経験を積んできたら過去の作品や制作物などをサイトにまとめると良いですね。

ポートフォリオを案件に応募するときに送るだけで、クライアントはあなたの評価をすることができるため効率がいいし、レベルも把握できます。

ポートフォリオを作り込んでおけば、高単価な案件を受けられる可能性が高まるので、作っておいて損はありません。

クラウドワークスのおすすめの仕事3選

次にクラウドワークスのおすすめの仕事を3つほど紹介します。

以下の仕事であれば月5万円も可能で、それほどスキルが必要ないのでおすすめです。

  • Webライティング
  • Webデザイン
  • ホームページ制作

順番に解説します。

Webライティング

Webライティングは、クラウドワークスで1番稼ぎやすい仕事です。

その理由は、文章をある程度書ける人なら初心者でも案件を受注することができるからです。

僕自身、クラウドワークスでWebライティングを未経験から始めて、初月で5,000円稼ぐことができました。

Webライティングは経験を重ねると文章力が上がるし、タイピングのスピードが上がることにより、時給が上がりますね。

クラウドワークスで、Webライターとして稼いでいる人の中には月10万円以上稼ぐ人もいて、1年くらいあれば月5万円は達成できるでしょう。

Webデザイン

Webデザインもクラウドワークスで月5万円を稼ぐことが可能です。

Webデザインはサイトのデザインを作ったりする仕事で、AdobeのPhotoshopやIllustratorを使えることが前提条件でしょう。

PhotoshopやIllustratorの使い方をマスターして、サイトの設計やデザインの勉強することで稼げるようになります。

案件の単価もそこまで低くないので、10件くらいこなせば月5万円は到達できると思います。

ただ、競合も多いのでしっかりとプロフィールを作り込んで、ポートフォリオも提示するようにした方が高単価な案件を取りやすいですね。

ホームページ制作

ホームページ制作は、僕自身がクラウドワークスを使って月8万円を稼いでいた仕事です。

HTMLやCSSといったプログラミング言語を使ってWebサイトを作るのですが、半年ほど勉強すれば月5万円は稼げるレベルまでいけます。

初心者であればWebサイトの修正案件がおすすめで、一からサイトを作るのではなく、運営されているサイトのデザインを少し修正するといった仕事から始めるといいでしょう。

経験を積めば積むほど対応できる案件が増えて、単価も上がっていくのがホームページ制作のいいところですね。

\ 無料で登録できるよ!/

クラウドワークス以外で稼ぐ方法

つづいてクラウドワークス以外で稼ぐ方法についてお伝えします。

ちなみにクラウドワークスで仕事をしたい人は在宅ワークをしたい人が多いと思うので、ここでは在宅で可能なブログを紹介します。

  • ブログの始め方
  • ブログの稼ぎ方
  • ブログはどれくらい稼げる

順番に解説します。

ブログの始め方

ブログの始め方は簡単で、レンタルサーバーを契約してドメインを取得すれば始められます。

そしてWordPress(ワードプレス)にログインして、記事を書いていくだけです。

ブログの特徴は、

  • 在宅で可能
  • 好きな時間にできる
  • 好きなジャンルを発信できる
  • 月1,000円以内で運営できる
  • 収入は青天井

こんな感じです。

当ブログもWordPressで作られていて僕自身、独学でブログを始めて月2万円ほど稼いでいます。

ブログの稼ぎ方

ブログの稼ぎ方は、広告収入を得ることです。

簡単にいうとブログの記事に広告を貼って、その広告がクリックされたり、商品が売れると報酬が入ります。

ブログの広告収入の種類はおもに以下の2つです。

  • アドセンス広告
  • アフィリエイト広告

があります。

アドセンス広告はクリックで報酬が入り、アフィリエイト広告は商品が売れたら報酬が入る広告です。

ここでは詳しく解説しませんが、ブログは上記の広告収入によって稼ぐということを理解しておいてください。

⬇︎ブログについて興味がある人は以下の記事で詳しく解説しているのでどうぞ!

ブログはどれくらい稼げる

ブログはどれくらい稼げるのかというと結論、「0円から数千万円」です。

それも1ヶ月での報酬額です。

これを聞いたらびっくりするかもですが、実際に稼いでいるブロガーは月収100万円を超えている人もたくさんいます。

ブログは簡単に稼げるわけではありませんが、コツコツ続けていくことで、急にアクセスが増えて収益が爆上がりすることがあるので始めて損はありませんね。

副業や新しいことを始めたい人は、ブログを始めると人生が充実しますよ。

最後に:クラウドワークスは稼げないは嘘!

この記事では、クラウドワークスは稼げないというテーマについて解説しました。

クラウドワークスは稼げないと言われていますが、百聞は一見にしかずなので、実際に自分でクラウドワークスを使ってみて試してみるといいでしょう。

\ 無料で登録できるよ!/

個人的にクラウドワークでWebライティングを始めて、ブログも同時進行でやるのが最強だと思います。

Webライティングとブログは記事を書く仕事で、Webライティングでスキルを高めつつ、自分のブログで収益を出せるので相乗効果が生まれますよ。

というわけで今回はここまでです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

目次