【2022年】iPhoneをガラスコーティングする効果4つを解説

こんにちは、takeです。

iPhoneにガラスコーティングをしたいけど効果があるのかな?
ガラスコーティングがおすすめな人はどんな人?

こういった疑問に答えます。

僕はiPhone13 Pro Maxを発売当初から使っており、ケースや保護フィルムなどのアクセサリーもいくつか買いました。

その中でもガラスコーティングがおすすめなので今回紹介していきますね。

本記事を読むことで、ガラスコーティングの効果やおすすめする人・しない人がわかります。

うわさやネットの情報でガラスコーティングについて聞いたことはあるとは思います。

しかし、実際どうなのかわからない方向けに記事を書いたのでぜひ参考にしてみてください。

では前置きはこれくらいにして早速みてきましょう!

本記事の内容は以下の通りです。

  • iPhoneをガラスコーティングする効果
  • ガラスコーティングがおすすめな人
  • ガラスコーティングをおすすめしない人
  • おすすめのガラスコーティング5選

順番に解説します。

目次

iPhoneをガラスコーティングする効果

まずはじめに、ガラスコーティングは実際に効果があるのかについて解説していきます。

ガラスコーティングの効果は以下の通りです。

  • 画面やiPhone本体にキズ・割れがつきにくくなる
  • 指紋がつきにくくなる
  • 画面がサラサラになりタッチ操作がしやすい
  • 1~2年くらいは効果が持続する

順番に解説します。

画面やiPhone本体にキズ・割れがつきにくくなる

ガラスコーティングをすることにより、何もしていないiPhoneに比べるとキズや割れに強くなります。

僕自身、ガラスコーティングをして半年くらいiPhoneを裸で使っていますが目立ったキズや割れは一切ありません。

見た目はガラスコーティングをしているかわからないけど、キズがつきにくいのは間違いないですね。

指紋がつきにくくなる

ガラスコーティングをすることにより、指紋や汚れが画面につきにくくなります。

とはいえ、全く指紋や汚れがつかないというわけではなく、あくまで何もしていない状態よりつきにくいというだけです。

それに指紋がつきにくいだけでなく、指紋を拭き取るときも伸びずにサッと拭き取れる感覚がありますよ。

画面がサラサラになりタッチ操作がしやすい

何もしていないiPhoneだと、フリック入力やスクロールするときも指が引っかかり操作しにくいことがあります。

でもガラスコーティングをすることで、画面がサラサラになり滑らかな操作をすることができます。

保護フィルムでも滑らかな操作はできるので、操作性を重視するのであればガラスコーティングか保護フィルムは必要ですね。

1~2年くらいは効果が持続する

ガラスコーティングの場合、一度塗ってしまえば1~2年くらいは効果が持続します。

物によっては2~3年くらい持続するものもあり、つぎの機種に乗り換えるまでコーティングする必要もありません。

保護フィルムだと半年くらいで端にホコリが溜まって剥がれてくるので、買い換える必要もないガラスコーティングの方が楽ですよ!

ガラスコーティングがおすすめな人

つぎはガラスコーティングがおすすめな人について解説していきます。

以下の内容が当てはまる人は試しに買ってみるのもアリです。

  • iPhoneをケースや保護フィルムなしで使いたい
  • 保護フィルムのフチの汚れが気になる
  • スマホゲームなどでタッチ操作を優先したい
  • 多少のキズは気にならない
  • iPhoneを大事に使いたい

順番に解説します。

iPhoneをケースや保護フィルムなしで使いたい

とにかくiPhoneをケースや保護フィルムなしで使いたいという人にガラスコーティングはおすすめです。

ガラスコーティングは画面だけでなく、背面や側面にも塗ることができます。

僕も画面と背面や側面、あとはカメラ周りもガラスコーティングしていますが、不具合もなくキズもほとんどありません。

なのでiPhoneを裸で使いたいという方はガラスコーティングを一度試してみてください。

保護フィルムのフチの汚れが気になる

保護フィルムをつけているとフチにホコリが溜まって汚くなりますよね。

気にならない人ならいいですが、ホコリが気になって定期的に掃除をしている人ならガラスコーティングがおすすめです。

ガラスコーティングだとiPhoneを裸で使うこともできるのでホコリがほとんど溜まりません。

また保護フィルムはキズが結構目立ち、剥がれてくることもあるので総合的に見るとガラスコーティングの方がコスパもいいでしょう。

スマホゲームなどでタッチ操作を優先したい

ガラスコーティングは見た目ではわからないほどの薄い膜でコーティングをします。

なので保護フィルムのような厚みがなく、タッチした際の感度はとても高いです。

スマホゲームだとタッチミスなどが命取りとなるので、タッチ操作を優先したい人はガラスコーティングがおすすめです。

多少のキズは気にならない

多少のキズが気にならない人にガラスコーティングがおすすめです。

その理由として、ガラスコーティングをしていても細かいキズはつくからです。

僕のiPhoneもガラスコーティングをして半年ほど経ちますが、画面に1㎜以下のキズが2カ所ほどついています。

実際じっと見ないと分からないレベルで、使用時に差し支えないので全く問題ありません。

このくらいのキズが気にならない人であればガラスコーティングがおすすめです。

iPhoneを大事に使いたい

iPhoneを大事に使いたいという人にガラスコーティングはおすすめです。

なぜならガラスコーティングをすれば、iPhoneの見た目が裸の状態なので無意識のうちに落とさないようにしようと思うからです。

僕の実体験ですが、ケースを付けて保護フィルムを貼っていたときは安心感から頻繁にiPhoneを地面に落としていました。

でもガラスコーティングをして裸で使い始めてからは一回も落としていないので、体が勝手にiPhoneを大事に使おうとしますね。

というわけでiPhoneを大事に使いたい人にガラスコーティングはおすすめです。

ガラスコーティングをおすすめしない人

ではつぎにガラスコーティングをおすすめしない人についてみていきましょう。

ガラスコーティングをおすすめしない人は以下の通りです。

  • 徹底的にiPhoneを守りたい
  • なるべく安くiPhoneを保護したい
  • コーティングするのが面倒

順番に解説します。

徹底的にiPhoneを守りたい

iPhoneをキズひとつつけたくないという人にはガラスコーティングをおすすめしません。

徹底的にiPhoneを守るのであれば、バンパーケースや手帳型ケースをつけてガラスフィルムを貼った方がいいからです。

とはいえ、ガラスコーティングの上からガラスフィルムを貼ったり、ケースをつけることも可能なので一度試してみてもいいと思います。

自分で施工すれば2,000円程度で済むので試す価値があるのではないでしょうか。

⬇︎手帳型ケースや保護フィルムについては以下の記事を参考にしてください。

なるべく安くiPhoneを保護したい

iPhoneになるべくお金をかけたくない人にガラスコーティングはおすすめしません。

その理由として、ガラスコーティングは業者に施工してもらうと5,000円程度かかるからです。

もっと安いところもあるかもですが、そのくらいが相場で自分で施工しても最低2,000円ほど。

100円ショップでも保護フィルムなどは売っているので、お金をかけたくない人はこちらをおすすめします。

とはいえ、ガラスコーティングは上記でも述べたように1~2年は効果が持続するので、買い直す必要もなく貼る手間も減るためコスパがいいです。

コーティングするのが面倒

そもそもお店に持っていったり、自分でコーティングするのが面倒という人にガラスコーティングはおすすめしません。

その理由として、ガラスコーティング剤を買っても面倒だからやらないかもしれないし、お店に行くより面倒な気持ちが勝ってしまうからです。

まあ人それぞれなので自分が欲しいと思ったら買えばいいし、必要ないなら買わなくていいと思います。

僕自身、1回試しにやってみようと思って買ったら、使い心地が良かったので興味のある方はぜひ試していただきたいです。

というわけで、ガラスコーティングをおすすめしない人はここまでです!

最後に「おすすめのガラスコーティング」を紹介してこの記事は終わりにします。

おすすめのガラスコーティング5選

では、おすすめのガラスコーティング5選をみていきましょう!

  • ①リキッドハック 硬度10H 液体ガラスフィルム スマホコーティング剤 LIQUID_hack 5ml
  • ②リキッドハック ブルーライトカット 硬度10H 液体ガラスフィルム コーティング剤
  • ③次世代スマホコーティング スマホまもる君 硬度9H 抗菌作用
  • ④FAIRPRIZE ガラスコーティング スマホ 硬度9H 日本製 [BARRIER]
  • ⑤スマホ ガラスコーティング剤 液体 日本製 最強 10h プロ仕様 世界最先端 ガードMAX

順番に解説します。

①リキッドハック 硬度10H 液体ガラスフィルム スマホコーティング剤 LIQUID_hack 5ml

こちらは僕が実際に買ったガラスコーティングです。

値段も安すぎず、硬度10Hなのである程度信頼できるかなと思い購入しました。

施工方法も説明書が入っていて簡単に施工でき、スマホ以外にも使えるおすすめのガラスコーティングです。

②リキッドハック ブルーライトカット 硬度10H 液体ガラスフィルム コーティング剤

こちらは先ほどのガラスコーティングの上位モデルで、ブルーライトカット機能があるガラスコーティングです。

ブルーライトを40%以上カットできるので、目の疲れなどが気になる方はこちらがおすすめです。

③次世代スマホコーティング スマホまもる君 硬度9H 抗菌作用

こちらはSNSでも話題になっているガラスコーティングです。

値段が比較的安くて、性能もそこそこ良いので試しに買いたいという方におすすめです。

撥水性能も高く、指のすべりがよくなり操作性が高まるのでスマホゲームなども問題なくできますよ。

④FAIRPRIZE ガラスコーティング スマホ 硬度9H 日本製 [BARRIER]

こちらはAmazonで売れ筋No. 1になったガラスコーティングです。

どれを買えばいいのか迷っている方はこちらを買えば間違いないでしょう。

日本製で値段も安く、性能もいいので一度ガラスコーティングを試したいという方におすすめです。

⑤スマホ ガラスコーティング剤 液体 日本製 最強 10h プロ仕様 世界最先端 ガードMAX

こちらは業界最強とうたわれている令和最新のガラスコーティングです。

日本製で高級車や新幹線にも使用されるコーティング技術を応用して作られています。

性能面では文句なしのガラスコーティングといえるので、iPhoneを徹底的に守りたい方におすすめです。

最後に:ガラスコーティングだけで安心感が変わりますよ

この記事では、ガラスコーティングの効果、おすすめする人・しない人などについて解説しました。

もし今ガラスコーティングを買おうか迷っているなら買ってみるといいと思います。

僕のように買ってみたら満足できるかもしれないし、合わなかったら保護フィルムやケースをまた付ければいいだけです。

実際、ガラスコーティングをして保護フィルムとケースを付けるのがiPhoneを守る上では最強なんですが…

というわけで今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

⬇︎お風呂でiPhoneを使いたい方は以下の記事もどうぞ。

目次