DEEBOT N79 【互換】バッテリー交換方法

ECOVACS DEEBOT N79のバッテリー交換方法を解説します。
今回は互換バッテリーを購入して試してみました。

目次

DEEBOT N79 【互換】バッテリー交換方法

※エラー・動かない・トラブルの時はこちら→エコバックス DEEBOT N79 エラー別の対策とバッテリー寿命

バッテリーの寿命がきました

ECOVACS DEEBOT N79は充電式なので長く使っているとバッテリーが消耗してきます。
電池の減りが早くなってきたり、長期間使わずにいるとバッテリーが切れていて使えなくなっていたという事もあります。

我が家のDEEBOT N79は購入後2か月ほど使い、その後理由があって2年ほど使わずに放置していました。
そして久しぶりに使おうとすると動かなくなっていました。
どれだけ充電しても全く動きません。バッテリーの寿命でした。

バッテリー交換に必要な物

~バッテリー交換で準備する物~

  • ドライバー
  • 新しいバッテリー

この2つだけです。

今回使った互換バッテリーについて

ECOVACSの公式直営サイトで正規のN79用バッテリーが販売されています。
そちらでも良かったのですが値段が¥6,600だったので、もう少し安く買えないかと思い楽天市場で探してみました。

やはり正規のバッテリーは公式直営ストアのみの販売となっており、互換バッテリーならわずかにありました。
バッテリーはマイナーな商品なので商品数が少なく、検索すると3種類ほど見つかりましたが1万円を超える物もあり、値段重視で一番安い3千円程度の物にしました。

※互換とは、取りかえのきく商品のことです。

バッテリー交換で高いお金を払うのなら私はいっそ新しい商品を買った方が良いと感じたからです。

安かった互換バッテリーを購入して自分で交換してみることにしました。

※今回私が買ったのはこちらの3000円ほどの商品です。


バッテリー交換の手順

バッテリーの交換方法について解説します。

今回使う新しいバッテリー(互換)です。

まずお掃除ロボットをひっくり返し、下写真の○の部分のネジをドライバーで開けます。

開けたら中にバッテリーが入っていました。

バッテリーを取り出すとコードのような物で繋がっています。

この部分を外します。

コードの結合部を指で押すと簡単に外れました。

古いバッテリーを取り外したら、新しいバッテリーを繋ぎます。

赤線がプラス極黒線がマイナス極です。
繋ぐ時に赤線と赤線、黒線と黒線がまっすぐ繋がるようにします。

「パチッ」ときれいにハマりました(^^♪

新しいバッテリーを繋いだら中に入れます。

作業はこれだけです。
あとはドライバーで蓋を閉めてバッテリー交換の完了です。


無事に電源が入りました(^^♪
2年ぶりです。

最初はバッテリーが少ないので満タンになるまでたっぷりと充電すると良いですよ。
購入したばかりの頃のように長くお掃除してくれるので、全く問題なく使えています。

まとめ

バッテリー交換を自分でやってみて、思っていたよりも簡単ですぐに出来ました。

互換バッテリーでも全く問題なく使用できています。

値段(安さ)重視で選びましたがこの価格でお掃除ロボットが復活してくれて満足しています。

ECOVACS DEEBOT N79のバッテリー交換を自分でされる方はこのブログを参考にしてみてくださいね。


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる