iPhone13 Pro Maxを買った理由3つ【操作が快適】

こんにちは、takeです。

「iPhone13が発売されたけど買おうかな?」「iPhone13 Pro Maxってどうなんだろう?」

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、「iPhone13 Pro Max」を発売同時に即予約し、現在使用しています。

こういった僕が解説していきます。

本記事の内容は以下の通りです。

  • 「iPhone13 Pro Max」を買った理由3つ
  • 「iPhone13 Pro Max」を使ってみた5つの感想

順番に解説していきます。

目次

「iPhone13 Pro Max」を買った理由3つ

まずはじめに、なぜ「iPhone13 Pro Max」を買ったのか3つの理由で解説していきます。

  • ①「iPhone13 Pro Max」ひとつでなんでも出来る
  • ②スキマ時間を有効活用できる
  • ③MacBookとiPadを使用しているから

順番に解説します。

①「iPhone13 Pro Max」ひとつでなんでも出来る

基本的に「iPhone13 Pro Max」ひとつあればなんでも出来ますよね。

なんでもと言うと少し言い過ぎかもしれませんが、例えば以下のような事が出来ますよね。

  • 写真が綺麗に撮れる
  • 動画も綺麗に撮れる
  • 動画を大画面で楽しめる
  • ナビ代わりになる
  • キャッシュレス決済ができる
  • デザリングで外出時にPCが使える
  • ブログ記事を執筆する
  • 電子書籍を読む

などです。

上記の例は一部で、他にもまだまだ使い道はありますが、なんでもできると言っても過言ではありません。

僕の場合、子どもの写真や動画を撮りたいのとブログ記事の執筆を「iPhone13 Pro Max」でやりたいと思ったので購入しました。

実際に使ってみると画面が大きくバッテリーの持ちがいいので作業をしたり、勉強をする時も文字が見やすくてバッテリーの残量を気にすることなく快適に使えます。

あとは高速充電により、バッテリーが無くなってきても30分で約50%まで充電が可能なためモバイルバッテリーは必要ありませんね。

なので大画面でバッテリー容量が大きい方が良いという方は「iPhone13 Pro Max」を買うことをおすすめします。

繰り返しになりますが、僕が「iPhone13 Pro Max」を買った理由の1つ目は、「iPhone13 Pro Max」一台あればなんでもできるからです

②スキマ時間を有効活用できる

「iPhone13 Pro Max」があればスキマ時間を最大限に活用できます。

その理由として、手軽に持ち運びができてすぐに取り出すことが出来るからです。

例えば、会社の通勤時間もポケットやバッグからすぐに取り出して読書をしたり、ブログを執筆したりなどが出来ます。

他にも動画を見たり、漫画を読んだりと自分の好きなことが空いた時間に出来るのは良いですよね。

ちなみに僕の場合、会社員なので通勤時間はスマホでYouTubeの聞き流し学習をして、休憩時間はブログかプログラミングについてのサイトを見ていました。

それに加えてスキマ時間にブログ執筆をしたいと思ったので、「iPhone13 Pro Max」を購入しました。

ということで、「iPhone13 Pro Max」を買った理由の2つ目が、スキマ時間を有効活用したいからです。

③MacBookとiPadを使用しているから

「iPhone13 Pro Max」を買った理由の3つ目がMacBookとiPadを使用しているからです。

MacBookとiPadを副業のために使用していましたが、スマホがAndroidだったため写真をMacBookに取り込むのも手間が掛かっていました。

例えば、スマホで写真を撮っても同期ができないため一旦、自分宛のメールに写真を添付してパソコンでメールを開き、写真を保存するという感じです。

上記のやり方だとかなり効率が悪いですよね。

それにブログ記事を書く時も、僕はMacBookのメモにブログ記事を書いているので、MacBookとiPadはメモを同期できます。

しかし、スマホはAndroidでメモを同期できないためブログが書けないのです。

それに今では、スマホよりもMacBookやiPadを使う頻度が高いので、スマホがAndroidだと使いづらいんですよね。

以上の理由から、効率化を図るため「iPhone13 Pro Max」を買いました。

「iPhone13 Pro Max」を使ってみた5つの感想

次は「iPhone13 Pro Max」を実際に使ってみた感想を5つ解説していきます。

  • ①バッテリーの持ちが良すぎる
  • ②Lightningケーブルが不便
  • ③背面カメラがかなり飛び出している
  • ④想像より重い
  • ⑤操作が快適

順番に解説します。

①バッテリーの持ちが良すぎる

「iPhone13 Pro Max」だとバッテリーが本当に減りませんね。

その理由として、「iPhone13 Pro Max」のバッテリーはiPhone史上最長であるからです。

Apple公式サイトより

公式サイトによると、オーディオ再生はなんと最大95時間だそうです。

最大95時間ということは、約4日間音楽を聴き続けることが出来るんですよ。

まあそんなに音楽を聴くことはないと思いますが、すごいバッテリー容量ですよね。

ちなみに僕の場合、朝から一日持ち歩いていて夜だとまだバッテリーが80%ありました。

そんなに頻繁に使わない僕のような人であれば、2日に一回の充電でも十分といえるでしょう。

②Lightningケーブルが不便

「iPhone13 Pro Max」は充電ケーブルが従来のLightningケーブルを採用しています。

一時期、Type-Cが採用されるという噂もありましたが、Lightningケーブルになりましたね。

僕の場合、MacBookとiPadはType-Cで「iPhone13 Pro Max」はLightningケーブルとなるので差し替えるのが面倒です。

また充電コードが増えると、かさばるので収納も大変ですよね。

なので、前からLightningケーブルを使っている人は不便じゃないかもですが、個人的にはType-Cの方が便利だと思いました。

③背面カメラがかなり飛び出している

「iPhone13 Pro Max」はiPhone12 Pro Maxに比べて、背面カメラが大きくなりました。

それに伴い、背面カメラの厚さも増しているためかなり飛び出していますね

⬇︎背面カメラを下向きに置いてみるとこんな感じです。

本体が浮いてしまうほど背面カメラが飛び出していることが分かりますね。

キズが付いたり、ポケットから取り出した時にカメラが引っ掛かって落ちる可能性もあるので、心配な方はスマホケースを付けた方がいいでしょう。

④想像より重い

「iPhone13 Pro Max」の重量は238gとなっており、iPhone12 Pro Maxの226gに比べて12g重くなっています。

Apple公式サイトより

僕が以前使っていたAndroidスマホは200gを切っていたので、買い替えた当初はめちゃくちゃ重く感じましたね。

それでもiPad Pro11インチを使っている僕からすると全然軽いですし、1日も使っていれば慣れてきますよ。

それに「iPhone13 Pro Max」は基本的に片手操作ではなく、両手操作となるので持ち替えることもよくあります。

なのではじめは重く感じるかもしれませんが、慣れてくると問題なく使えます。

⑤操作が快適

「iPhone13 Pro Max」はProMotionと言って、1秒間に10回から120回の頻度で画面を更新しているため、スクロールがスムーズに行えます。

さらに最新のチップによって操作がサクサク出来るので、ネットサーフィンや動画の視聴もめちゃくちゃ快適です。

毎日使うものですし、今や日常生活において必需品となっているスマホはサクサク使えないとストレスが溜まりますよね。

「iPhone13 Pro Max」はProというだけあって、操作はストレスフリーで出来ますし、言う事なしです。

これから「iPhone13」シリーズを買おうと迷っている方は、自分に合うスペックのiPhoneを選んでみると良いでしょう。

ちなみに僕のおすすめはProシリーズで、ハイスペックのデメリットは値段が上がるくらいで何をするにも快適に使えるからです。

最後に

この記事では、「iPhone13 Pro Max」を買った理由と使ってみた感想を解説しました。

まだ購入してから数日しか経っていませんが、操作は快適でバッテリー持ちも最高、大画面で作業もしやすく納得のスマホです。

これから「iPhone13 Pro Max」を買おうかと迷っている方は、値段が少し高いので色々調べてから購入しましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる