WordPressテーマ「SWELL」の感想・レビュー【最高です】

こんにちは、takeです。

WordPressテーマのSWELLってどうなの?
SWELLのメリット・デメリットは?

こういった疑問に答えます。

僕は、ブログ運営歴が半年以上で収益化を達成しました。

また最近、WordPressテーマを「SWELL」に変更しました。

こういった僕が解説します。

ちなみに「SWELL」に乗りかえる前は、無料テーマの「Cocoon」を使用していました。

 » WordPressテーマ「SWELL」公式HPはこちら

本記事の内容は以下の通りです。

  • SWELLを使ってみた感想・レビュー
  • SWELLのメリット
  • SWELLのデメリット
  • SWELLの導入方法

順番に解説します。

目次

SWELLを使ってみた感想・レビュー

SWELL公式HPより引用

SWELLを使ってみた感想は率直にいうと、「最高!」です。

その理由は以下の通り。

  • おしゃれなデザインがいい
  • 記事を書くのが楽しくなる
  • 装飾がクリックだけでできる

などです。順番に解説していきますね。

おしゃれなデザインがいい

SWELLの特徴ともいえるのが、おしゃれなデザインです。

SWELL公式HPで公開されているデモサイトです。

どれもおしゃれなデザインですね。

SWELLでは上記のデモサイトに着せ替えできるデータも配布されています。

» 着せ替えデータはこちら(※無料です)

上記で紹介したデザインはほんの一部であり、SWELLは思い通りのサイトを作ることが可能ですよ。

デザインでブログの印象も変わるし、読者からみてもデザインが美しいに越したことはないですよね。

記事を書くのが楽しくなる

SWELLを使うと記事を書くのが楽しくなります。

なぜなら、記事の装飾にいろいろな機能があるからです。

⬇︎たとえば以下のようなことができます。

上記は一部の機能で、まだまだできることはたくさんあります。

ふきだしを入れたり、ボタンを入れたりするのも簡単なので、記事を書くのが楽しくなりました。

ブログ記事のデザインを思い通りにできるのは大きな特徴といえますね。

装飾がクリックだけでできる

SWELLの更なる特徴が、「クリックだけで装飾ができる」です。

SWELLは新エディターを採用しており、枠を作るなどの操作もクリックでできます。

エディターとは

WordPressの投稿画面の仕様のことです。

ちなみにエディターの種類は以下の通り。

  • ブロックエディター:新エディター
  • クラシックエディター:旧エディター

クラシックエディターは以下のような投稿画面です。

クラシックエディターはWordのような使い方で、上のメニューバーから記事の装飾をします。

さてエディターの説明はこれくらいにして、話を戻していきます。

SWELLはブロックエディターにより、直感的に見たまま編集できます。

※ブロックエディターについては後ほど解説しますね。

マウスをぽちぽちするだけで簡単にブログ記事が書けるため、初心者にもSWELLはおすすめです。

SWELLのメリット

SWELL公式HPより引用

次は、SWELLのメリットについてお伝えしていきます。

メリットは以下の通り。

  • シンプルでおしゃれなデザイン
  • ブロックエディターに完全対応
  • 記事執筆が時短でできる
  • 開発者の対応が素晴らしい
  • 1度購入すれば複数のサイトに使える

順番に解説します。

シンプルでおしゃれなデザイン

先ほどもお伝えしましたが、SWELLはとにかく「シンプルでおしゃれなデザイン」です。

それに、記事の装飾の設定も簡単に行うことができるのがメリットといえます。

たとえば、以下のようなボタンの設定などもプログラミングのコードを打たなくてもできます。

デザイン・設定ともにシンプルで使いやすいのが、SWELLの大きなメリットです。

ブロックエディターに完全対応

SWELLは新エディター(ブロックエディター)に完全対応しています。

ブロックエディターの正式名称は、Gutenberg(グーテンベルグ)というので一応覚えておいてください。

ブロックエディターは、正直にいうとめちゃくちゃ使いやすいです。

なぜなら、文章や画像などのブロックを積み木のように積み重ねて記事を作るからです。

ブロックエディターの操作はこんな感じです。

このようにマウスを操作するだけで簡単に記事ができあがります。

ちなみに、今後はブロックエディターが主流になり、クラシックエディターはサポート終了になるといわれています。

なので、ブロックエディターに完全対応しているSWELLは将来を考えても魅力的なテーマといえます。

記事執筆が時短でできる

SWELLは記事執筆が時短でできます。

その理由は、かんたんで「見たまま編集」ができるからです。

クラシックエディターの場合だと、投稿画面にコードが現れるだけなのでプレビューを何回も確認しなければいけません。

それこそ無料テーマの「Cocoon」を使っていた僕は、1記事でプレビューを最低50回くらいみていました。

「記事を装飾してはプレビューをみて」を繰り返すと、結構手間で集中力も切れてしまいます。

それに比べ、SWELLのブロックエディターはプレビューを見ることがないのでかなり時短になります。

記事の装飾に使っていた時間はリアルに「3分の1以下」になりました。

ということで、SWELLを使えば記事執筆の時短ができ、ブログ初心者でも継続しやすくなると思います。

開発者の対応が素晴らしい

SWELLの開発者「了さん(@ddryo_loos)」の対応が素晴らしいです。

その理由は以下の通り。

  • バグを報告すれば即修正してくれる
  • 利用者の要望を聞いて機能を追加・修正してくれる
  • SWELLに関するツイートにすぐ反応してくれる

など。

SWELLはアップデートが多く、新しい機能をどんどん取り入れてくれるし、開発者の方が熱心なので安心です。

※ちなみにバグや質問があれば、フォーラムでお問い合わせできますよ。

1度購入すれば複数のサイトに使える

SWELLは1度購入すれば複数のサイトに使えます。

そのため、新しいブログを作る際に無料でSWELLを使えるし、他人のHPを作るときにも使えますよ。

※テーマによっては、1サイトのみしか使用できない場合もあるので購入前に確認しましょう。

17,600円で複数サイトで使い放題と考えると、かなり安いお買い物だと思います。

 » WordPressテーマ「SWELL」公式HPはこちら

SWELLのデメリット

SWELL公式HPより引用

では逆に、SWELLのデメリットをお伝えしていきます。

デメリットは以下の通り。

  • 価格が高い
  • クラシックエディターには向かない

順番に解説します。

価格が高い

SWELLの最大のデメリットは「価格が高い」です。

他のテーマに比べるとやや高いイメージですね。

とはいえ、機能や操作性を考えるとかなりコスパがいいと個人的には思います。

新機能もどんどん追加されるし、無料でアップデートできるなら決して高い買い物ではないですよね。

進化し続けていて、最新のテーマといえるので今後値上がりする可能性もあります。

少しでも気になる方は公式HPにアクセスしましょう!

とはいうもののちょっとでも初期費用を抑えたい方は、ほかのテーマがおすすめです。

いろいろ検討してみて自分にあったテーマが見つかるといいですね!

クラシックエディターには向かない

SWELLはクラシックエディターには向いていません。

なぜなら、クラシックエディターの機能が最低限しかないからです。

今までクラシックエディターしか使っていなかった方は、SWELLに抵抗があるかもしれませんね。

とはいえ、SWELLの操作性は抜群なのですぐに慣れるし、SWELLでわざわざクラシックエディターを使うのはもったいないです。

今後、クラシックエディターがサポート終了になるといわれているので、気になる方はブロックエディターを触ってみるといいと思います。

SWELLの導入方法

最後に、SWELLの導入方法をお伝えします。

SWELLを導入する方法は以下の2つの手順でOKです!

  • 手順①:「SWELL」を購入してダウンロード
  • 手順②:WordPressに「SWELL」をインストール・有効化

順番に解説します。

手順①:「SWELL」を購入してダウンロード

SWELL公式HPにアクセスし、「購入する」または「DOWNLOAD」をクリックします。

クリックしたら、以下の画面になります。

下にスクロールして、「利用規約に同意します。」の左にチェックを入れ、「SWELLを購入する」をクリックします。

※銀行振り込みでの購入はできません。

クリックしたら、決済画面になるので情報を入力して「支払う」をクリックしたら購入完了です!

購入後にSWELLからメールが届きます。

「SWELLダウンロードリンク」をクリックするだけで「SWELL」のテーマをダウンロードできますよ。

SWELLから届いたメール

「.zip」というファイル形式でダウンロードされるので、解凍せずにそのまま次の手順を行いましょう!

ちなみに「購入者限定パスワード」は、フォーラムに参加するときに使用しますよ。

※フォーラムとは、オンラインコミュニティみたいな感じで開発者などに質問ができます。

手順②:WordPressに「SWELL」をインストール・有効化

次は、ダウンロードした「SWELL」のファイルをWordPressにインストールしていきましょう。

まずはWordPressの管理画面の「外観」「テーマ」「新規追加」をクリックします。

クリックしたら、上にある「テーマのアップロード」をクリックします。

以下の画面の真ん中にある「ファイルを選択」をクリックして、先ほどダウンロードした「SWELL」のファイルをアップロードします。

アップロードが完了したら、「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了すれば以下の画面になるので、「有効化」をクリックしましょう。

以下のように「有効:SWELL」となればOKです!

お疲れさまでした!

最後に:SWELLはブログ運営に最適!

この記事では、WordPressテーマ「SWELL」について解説しました。

SWELLはメリットばかりで、デメリットは価格が少し高いということでした。

とはいえ、個人的には価格以上の機能や操作性、デザインが魅力的だと思います。

以下が当てはまる方は「SWELL」がおすすめでしょう。

  • ブログ運営を楽しくしたい
  • ブログ記事執筆を時短でしたい
  • ブロックエディターに興味がある

という方は、「SWELL」を購入すれば間違いなしです。

どのテーマにしようか迷っている方は、この記事を参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる