Air Pods Proのメリット・デメリット【実際に使った感想】

こんにちは、takeです。

Air Pods Proのメリットはある?
Air Pods Proのデメリットはどんなこと?

こういった疑問に答えます。

僕は最近Air Pods Proを購入し、毎日使っています。

個人的には、「Air Pods Pro最高!」という感じです。

こういった僕が解説します。

本記事の内容は以下の通りです。

  • Air Pods Proのメリット7つ
  • Air Pods Proのデメリット3つ
  • Air Pods Proをおすすめできる方
  • Air Pods Proをおすすめできない方

順番に解説します。

目次

Air Pods Proのメリット7つ

まずは、Air Pods Proのメリットをみていきましょう。

メリットは以下の7つです。

Air Pods Proのメリット7つ
  • アクティブノイズキャンセリング機能がすごすぎる
  • 耳から外すと音楽が一時停止
  • 外部音取り込み機能もすごい
  • 片耳のどちらでも使える
  • Apple製品との相性がいい
  • 見た目がオシャレ
  • 耐汗・耐水性能がある

順番に解説します。

アクティブノイズキャンセリング機能がすごすぎる

Air Pods Proは、アクティブノイズキャンセリング機能がすごすぎます。

アクティブノイズキャンセリングとは

イヤホンの遮音性能を高めるため、外部の音(ノイズ)と釣り合うアンチノイズ機能によって外部の音を消し去り、聞こえないようにする技術のことです。

アクティブノイズキャンセリングによって、雑音はほぼ聞こえなくなり音楽の世界に入り込むことができます。

大きな音はさすがに聞こえますが、遠くから聞こえるような感覚です。

アクティブノイズキャンセリング機能をONにした瞬間から、世界が変わるので一度体験してみると手放せなくなりますね。

耳から外すと音楽が一時停止

Air Pods Proを耳から外した瞬間に、音楽が一時停止します。

これがまた便利な機能で、たとえば勉強や作業をしているときに家族に話しかけられたりすることってありますよね。

そのたびにスマホを開いて音楽を止めて、また再生したりするのは結構手間がかかります。

でもAir Pods Proなら片耳のイヤホンを外しただけで音楽が一時停止できるので、動画や映画も見逃す心配がなくなりますよ。

外部音取り込み機能もすごい

Air Pods Proには、外部音取り込み機能もあります。

その名の通りで、音楽を聴きながら外部の音を聞くことができる機能です。

一般的なカナル型のイヤホンだと外部の音が聞こえにくく、人通りや車の通りが多いところでの使用は危険ですよね。

しかし、Air Pods Proの外部音取り込み機能を使えば、周囲の音が聞こえるので外出時やランニング時などでも安心して使えますよ。

それに、音楽を聴きながら会話をすることも可能なのでいちいちイヤホンを外す必要がありません。

まあ会話中にイヤホンをしていると怒られるかもですが…汗

個人的には、この機能が1番のメリットだと感じました。

片耳のどちらでも使える

Air Pods Proでは、片耳のどちらかだけ付けていても使うことができます。

イヤホンによりますが片耳で聴きたい場合、左か右のどちらかでしか聞けないものもあります。

しかし、Air Pods Proではそういった問題はなく、いろいろな場面で使い分けることができますよ。

たとえば、長時間使用してバッテリーが切れそうなときは片方を充電しながら音楽を聴いたり、会議をしたりすることもできます。

当たり前の機能かもしれませんが、この機能がないイヤホンもあるので注意が必要です。

Apple製品との相性がいい

Air Pods ProはApple製品との相性がいいです。

まあAir Pods Pro自体Apple製品なので当たり前っちゃ当たり前ですが、相性のいい理由が「接続の速さ」です。

ケースからAir Pods Proを取り出して耳に付けるまでにiPhoneなどに接続されています。

無駄にペアリングで手間がかかることがないのは大きなメリットといえますね。

※ちなみに、Androidスマホなどでも問題なく使用でき、アクティブノイズキャンセリング機能や外部音取り込み機能も問題なく使えるようです。

見た目がオシャレ

Apple特有の白をベースとしたケースもコンパクトでオシャレです。

そしてケースを開いて収まっているAir Pods Proも、さらにオシャレですよね。

個人的には見た目がとても気に入っていて、他社のワイヤレスイヤホンは黒色が多くAir Pods Proのようなオシャレなものは少ないです。

Air Pods Proを実際に手に取ってみると、機能だけではなく見た目も気に入ること間違いなしです。

耐汗・耐水性能がある

Air Pods Proには、防水性能はありません。

しかし、耐汗耐水性能(IPX4)はあるため、運動時の汗や雨に濡れる程度であれば壊れません。

なのでAir Pods Proは運動にも最適といえるでしょう。

Air Pods Proが運動に最適な理由
  • 耐汗・耐水性能で壊れにくい
  • Air Pods ProでSiriが使えるのでiPhoneを取り出す手間がない
  • 外部音取り込みモードで、周囲の音が聞こえるため安全
  • 耳にフィットするカナル型イヤホンなので取れる心配が少ない
  • 軽いので付けていてもストレスフリー

など、これほど運動に向いているイヤホンはありません。

※ちなみにAir Pods Proは水没すると壊れる可能性が高いので注意しましょう。

Air Pods Proのデメリット3つ

では、デメリットはどういったことがあるのかみていきましょう。

デメリットは以下の3つです。

Air Pods Proのデメリット3つ
  • 無くす可能性がある
  • 音質がめちゃくちゃ良いわけではない
  • 価格がまあまあ高い

順番に解説します。

無くす可能性がある

Air Pods Proは、ケースもイヤホン自体もサイズがコンパクトです。

持ち運びに便利ではあるけど、逆に無くす可能性があります。

ケースは女性の方でも片手に収まるくらい小さいので、バッグのポケットに入れておかないと探すのが大変です。

落としてもすぐに気付かない可能性があるので、外出時は無くさないように注意が必要ですね。

音質がめちゃくちゃ良いわけではない

Air Pods Proはソニーなどのワイヤレスイヤホンに比べると音質が劣ります。

僕からすると音質が悪いと感じることはありませんが、気になる人はなるのかなという感じです。

とはいえ、音質だけ良くても操作性がわるいと後悔する可能性もあるのでどちらともいえませんね。

結論、「音質は上の下」くらいで「操作性は上の上」なので個人的には満足しています。

価格がまあまあ高い

Air Pods Proは価格がまあまあ高いです。

Apple公式HPで購入すると、約3万円(税込)です。

イヤホンにしては高価なので、購入の際はよく考えた方がいいでしょう。

ちなみに僕はApple信者になりつつあるので、機能性を重視して即購入しました。

ということで、上記でAir Pods Proのメリット・デメリットについて解説しました。

ここからはAir Pods Proをおすすめできる方・できない方についてお伝えしていきます。

Air Pods Proをおすすめできる方

Air Pods Proをおすすめできる方は以下に当てはまる方です。

  • iPhoneなどのApple製品を使っている
  • 作業や勉強を集中してやりたい
  • 音質にそれほどこだわりがない
  • ランニングなどの運動をする
  • 音楽を生活の一部に取り入れたい

順番に解説します。

iPhoneなどのApple製品を使っている

iPhoneやiPad、MacBookなどのApple製品を使っている方はAir Pods Proをおすすめします。

なぜなら、初期のペアリングが1分かからず、2回目以降イヤホンを取り出した瞬間に接続ができるからです。

そして、iPhone取り出さずにSiriを呼べるのも結構使い勝手がいいですよ。

現在、iPhoneを使っていてイヤホン選びに迷っているならAir Pods Proをおすすめします。

作業や勉強を集中してやりたい

音楽を聴きながらや集中して作業や勉強をやりたいという方はAir Pods Proをおすすめします。

その理由として、アクティブノイズキャンセリング機能により周りの音を遮断できるからです。

周りの音が聞こえないだけでかなり集中することができます。

補足として、音楽を聴いていなくてもアクティブノイズキャンセリング機能が使えるので耳栓代わりにもなりますよ。

とにかく集中して作業や勉強がしたい方におすすめです。

音質にそれほどこだわりがない

上記のデメリットで、音質がそれほどよくないと述べました。

なのでAir Pods Proをおすすめできる方は、音質にこだわりがない方です。

とはいうものの、普通に高音や低音もはっきりと聞こえるので音質は普通のイヤホン以上だと感じます。

音質より「操作性や機能性」を重視している方におすすめといえるでしょう。

ランニングなどの運動をする

先ほども述べましたが、Air Pods Proは運動に最適です。

運動を日常的におこなう方であれば、納得のいくイヤホンといえるでしょう。

僕も散歩のときやストレッチをするときに使用していますが、耳から落下することなく快適に使えています。

なので運動習慣がある方は、Air Pods Proをおすすめします。

音楽を生活の一部に取り入れたい

とにかく、音楽を生活の一部に取り入れたいという方はAir Pods Proがおすすめです。

なぜなら、アクティブノイズキャンセリング機能と外部音取り込み機能を瞬時に切り替えられるからです。

Air Pods Proの下に伸びている部分のくぼんだ所をつまんで長押しするだけで切り替えられます。

この機能が快適すぎるのと、耳へのフィット感で1日中付けていたいくらいです。

いつどこでも場面ごとに、簡単な操作で機能を使い分けられるのでかなり満足できますよ。

Air Pods Proをおすすめできない方

では、逆にAir Pods Proをおすすめできない方は以下の通り。

  • Appleユーザーではない
  • 高音質でないと満足できない
  • コスパの良いイヤホンが欲しい

順番に解説します。

Appleユーザーではない

Appleユーザーではない方は、Air Pods Proをおすすめできません。

なぜなら、Air Pods ProはiPhoneなどのApple製品との相性がいいからです。

もしApple製品を持っていないのであれば他のイヤホンの方がコスパがよく、性能が高いものがたくさんありますよ。

とはいえ、Androidスマホなどでも使えることは使えるので、デザイン重視の方は買ってもいいでしょう。

高音質でないと満足できない

高音質のワイヤレスイヤホンじゃないと満足できないのであればAir Pods Proをおすすめできません。

その理由は、Air Pods Proは最高音質ではないからです。

最高音質のワイヤレスイヤホンを求めるのであれば、SONYの「WF-1000XM4」がおすすめです。

ノイズキャンセリング機能や外部音取り込み機能も付いていて、音質もかなり上質です。

気になった方のために一応リンクを載せておきますね。

コスパの良いイヤホンが欲しい

コスパの良いイヤホンが欲しい方にAir Pods Proはおすすめできません。

なぜなら、Air Pods Proは価格が安くはないからです。

他のワイヤレスイヤホンであれば1万円代のものもあるので、費用を抑えたい方はそちらをおすすめします。

ちなみに1万円以下のものは、音質が悪かったり音切れしたりする可能性があるので覚えておいてください。

たとえば、以下のようなイヤホンを探してみるといいでしょう。あくまで例なので、こちらを買わなくてもいいですよ!

最後に

この記事では、Air Pods Proのメリット・デメリットやおすすめできる方・できない方について解説しました。

個人的にはAir Pods Proを買って損はないと思うので、一度試しに買ってみるといいでしょう。

「あれ?微妙だな?」と思ったらフリマアプリで売ることも出来ますしね。

Air Pods Proのメリット
  • アクティブノイズキャンセリング機能がすごすぎる
  • 耳から外すと音楽が一時停止
  • 外部音取り込み機能もすごい
  • 片耳のどちらでも使える
  • Apple製品との相性がいい
  • 見た目がオシャレ
  • 耐汗・耐水性能がある
Air Pods Proのデメリット
  • 無くす可能性がある
  • 音質がめちゃくちゃ良いわけではない
  • 価格がまあまあ高い
Air Pods Proをおすすめできる方
  • iPhoneなどのApple製品を使っている
  • 作業や勉強を集中してやりたい
  • 音質にそれほどこだわりがない
  • ランニングなどの運動をする
  • 音楽を生活の一部に取り入れたい
Air Pods Proをおすすめできない方
  • Appleユーザーではない
  • 高音質でないと満足できない
  • コスパの良いイヤホンが欲しい

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる