スライムを作るキット「光る!デコる!どろりんスライム」を買ってみた

子供はスライムが好きですよね。
ドロッとした触り心地が面白い玩具です。

そんなスライムを水から作ることが出来るキットを本屋さんで見つけたので買ってみました。
作り方をご紹介します。

目次

スライムを作るキット「光る!デコる!どろりんスライム」を買ってみた

〜「光る!デコる!どろりんスライム」について〜

おもちゃ屋さんではよく出来上がった状態のスライムを見かけますが、これはスライムを作ることが出来るキットです。

スライムで遊ぶだけでなく、作る工程も楽しむことが出来ますよ。

このスライムキットの魅力は以下の通りです。

●4色のインクが入っているので自分の好きなように色付けることが可能
●デコレーションするための飾り(キラキラの星など)がたくさん入っている
●暗闇で光るパウダーが付属していてパウダーを混ぜると暗闇で光るスライムが作れる
●温度によって色が変わるパウダーが付属していて、手で触ると色が変わるスライムが作れる

次項の「作ってみた」でも詳しくご紹介しますが、インクで染めたりデコレーションしたり、色が変わるパウダーを混ぜたりと豊富にアレンジが出来ます。

完成品のスライムを買うより、自分で何種類も作った方が楽しみも増えますね。

〜作ってみた〜

光る!デコる!どろりんスライムの作り方をご紹介します。

《箱の中身》

作り方

①まず最初に、水を計量してボトルの中に入れます。

②スライムパウダーを投入し、ボトルの蓋を閉めて振って混ぜます。

③好きなカラーインクを投入します。(組み合わせや量は自由)

④蓋をして振って混ぜます。

⑤かため液を計量して混ぜたら完成です。

ドロンとしたスライムが出来上がりました。

※スライムが柔らかい場合はかため液を少しずつ加えると固くなります。
柔らかさも自分で調整出来るところが良いですね。

デコパーツとインクを足してアレンジしてみた

青色のスライムに、デコパーツと赤色のインクを混ぜてみました。

グラデーションが綺麗なスライムが出来ました。

かため液を混ぜる前にインクを足すと全体が混ざって紫になりますが、かため液で固めた後にインクを混ぜると完全には混ざらずにマーブルのようになります。

そして他にも様々な色やデコパーツにチャレンジしてみました。


丁度良い入れ物がなかったのでお皿に入れましたが、スライムを保管するケースを買っておくと便利ですね。

作ったスライムをそれぞれ付属のパレットに入れると宝石箱のようになります。

キラキラする物が好きな子はすごく喜ぶと思います。

付属のデコパーツの種類が豊富で、小さいビーズなども入っていて可愛いです。

4歳の我が子は夢中になって作っていました。

光るパウダーを混ぜてみた


付属の光るパウダーを混ぜて、実際に部屋を暗くして光るかどうか試してみました。(※一袋全部入れました)

暗闇でしっかりと光りました。

カメレオンパウダーを混ぜてみた


温度によって色が変わる(冷たいと紫、暖かいとピンク)カメレオンパウダーを入れてみました。

パウダーはピンク色です。
スライムに混ぜるとピンク色のスライムになりました。

※この日は真夏だったので室内が暑く、既にピンクの状態だったので冷凍庫に入れて冷やしました。

冷凍庫に入れてすぐに紫に変色しました。

指で触ってみると、触った部分だけピンク色になりました。

温度差ではっきりと色が変わっているのが分かります。

※スライムキットで遊ぶ時の注意すべき点ですが、なんでも口に入れてしまう小さいお子さんは材料やデコパーツを誤飲しないように気をつけましょう。
また、デコパーツがかなり小さいので気をつけないと風などによって飛散する可能性があります。
我が家の場合はテーブルから落ちた材料は最後にまとめて掃除機で吸い取りました。

〜最後に〜

4歳の我が子は作ることに夢中になって、何時間も熱中して取り組んでいました。

小さいお子さんでも大人と一緒に作れば楽しめます。
(なんでも口に入れてしまう年齢の場合は誤飲に注意が必要です)

他にもおもちゃの感想を載せているのでよろしければご覧ください。

↓↓↓

おもちゃのレビュー記事一覧はこちら

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる