しまじろうのお弁当の作り方(しまじろうおにぎり)

しまじろうのお弁当の作り方をご紹介します。
ポイントはしまじろうおにぎりです。

目次

しまじろうのお弁当の作り方(しまじろうおにぎり)

しまじろうのおにぎりの作り方と、その他のおかずについて解説していきます。

しまじろうおにぎりの作り方

まずはしまじろうのおにぎりの作り方からご説明します。

1.お茶碗にご飯をよそう

普段子供が食べているご飯の量で作ると良いですよ。

いつも家で食べる量のご飯をお皿に取り、握れるように粗熱を取って冷ましておきます。

2.口の白い部分を握る

ご飯の約1/3の量を手に取り、しまじろうの口の白い部分を作ります。丸い形です。

3.口以外の黄色い部分を作る

しまじろうのお顔は黄色ですが、この黄色を何で着色したら良いのか悩みますよね。

とても簡単です。
私はいつも市販のふりかけの「たまご味」を混ぜています。

黄色いふりかけであれば、のりたまなどでも大丈夫です。

もしくはフライパンで炒り卵を作り、炒り卵をご飯に混ぜる方法もあります。
(この方法はフライパンを使うので洗い物が増える為ふりかけにしました)

ふりかけを混ぜて好みの濃さにします。

顔の上半分と耳を別々に作っておきます。

4.それぞれのパーツを一つにまとめる

顔の下半分と上半分を合わせて握って一つにした後、耳を押さえながら付けてしまじろうの顔の形になるように握ります。

これでしまじろうの頭が出来上がりました。

5.海苔で顔のパーツを作る

後は海苔で顔のパーツを作って貼り付けたら完成です。

お弁当の海苔用(食品用)の小さい鋏を使うと作業がしやすくなります。

目は左右同じ大きさにするため、同じサイズの四角を2つ切り取ってから角を落として丸くすると簡単に出来ます。

それぞれのパーツを切り取って作ります。

↓トラの模様が無いと、しまじろうに見えません。

頭と頬の模様は重要ですね。

これでしまじろうおにぎりの完成です。

お弁当だけでなく、普段のランチプレートに加えるだけで豪華に見えます。

おかずについて

お花の形の人参の作り方

人参をお花の形に切る方法をご紹介します。
(後ほど記載しますが味付けはめんつゆです)

まず人参を好きな厚さで輪切りにします。

端5箇所に切り込みを入れます。

切り込みを入れた所を三角に切ります。

このようになりました。

この切り込みの真ん中と人参の中心を結ぶように包丁を入れます。

(人参の中心は浅く、端は深めに包丁を入れます。)

包丁を抜き、今切り込みを入れた部分に向かって斜めに切り落とします。

(人参の中心は浅く、端は深く)

このようになりました。

他の4箇所の切り込み部分も同じ事を繰り返します。


↑5箇所とも切るとこのようになります。
角張っている周りの部分を丸く整えたら花形人参の完成です。

お弁当には飾りとして入れるので薄めに切ってめんつゆで柔らかくなるまで茹でます。
(面倒なので私は耐熱容器にめんつゆと人参を入れて柔らかくなるまでレンジで加熱しています)

その他のおかずについて

しまじろうおにぎりと人参以外のおかずについてご説明します。

他に入っているおかずは、

・すみっコぐらしのウインナー
・トマト
・ミートボール(市販)
・卵焼き
・和惣菜(自然解凍OKの市販の冷凍食品のおひたし)

ということで、作ったのは卵焼き(とウインナーを焼いた)だけです。
他は市販のお惣菜をそのまま詰めています。

朝は時間が無いのでこれが限界です。
冷凍のお弁当用おかずは、自然解凍OKな物にすると保冷剤代わりにもなって楽ですね。

最後に

しまじろうおにぎりのお弁当の作り方をご紹介しました。

こちらの記事にもお弁当の作り方を記載しているので良ければ参考にしてみてくださいね。


子供のお弁当レシピおすすめ3選

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる