リボン付きレッスンバッグの作り方【切り替え・裏地あり】リボンの付け方も解説

このブログではリボン付き・底切り替え・裏地ありのレッスンバッグの作り方をご紹介します。

可愛らしいアクセントになるリボンの作り方やリボンテープの縫い付け方も解説していきます。

今回は底の部分のみキルティングにしました。

生地は何を使っても大丈夫なので好きな布を使ってくださいね。

初心者の方にも分かりやすいように解説しています。

是非お手持ちの布で作ってみてくださいね♪

目次

リボン付きレッスンバッグの作り方【切り替え・裏地あり】リボンの付け方も解説

今回作るレッスンバッグの出来上がりサイズは縦30㎝×横40センチ(マチなし)です。

〜用意する物〜

  1. 持ち手(長さ25㎝)×2本
  2. 表布(縦22㎝×横42㎝)×2枚
  3. 底布(縦22㎝×横42㎝)×1枚
  4. 裏地(縦62㎝×横42㎝)×1枚
  5. リボンテープ(詳細は下記)
  6. ほつれ止め
  7. 手芸用ボンド

持ち手は市販のカバン用カラーテープを使用しました。

そしてリボンは100均などに様々な種類がありますが今回使ったのはこちらです。

幅1.2㎜のサテンリボンです。

細くても太くても可愛いので、作りたいバッグの生地に合ったお好みの物をお使いください。

 

それでは作り方をご解説します。

1.リボンを作っておく

バッグに付けるリボンを最初に作っておきます。
※作るのが面倒な方は市販のリボンを買うと時間短縮できます。

まずは、リボンをこんな風にカットします。

リボンがカットできたら、次は、リボンの形を作っていきましょう。

今回は、ボンドとほつれ止めを使います。

リボンの端にほつれ止めを塗って乾かします。

11㎝のリボンの片方の端を折ってボンドで接着します。(中心より5㎜程はみ出るように)

反対側も折り畳んでボンドで接着します。

折り畳んだ中心の部分を隠すように3.5㎝のリボンで縦に包みます。ボンドで留めます。

↓前から見るとこんな感じでリボンが出来ました。

クリップや洗濯バサミなどで押さえて乾くまで待ちます。

もう一つも同じように作ります。

これでリボンの完成です。

ボンドは使わずに針と糸を使って手縫いで縫い留める方法もありますが、ボンドの方が楽なので私はいつもボンドで作っています。

2.表布と底布を繋げる

表布と底布を中表(布の表側同士が内側になるように)で合わせます。

合わせたら縫い代1㎝で縫います。

縫ったら開きます。

次は今縫った方とは反対側の端に表布を中表に合わせます。

反対側も同じように縫い代1㎝で縫います。

縫ったら開いてアイロンをかけます。

これで底布と表布が繋がりました。

3.切り替え部分にリボンテープを縫い付ける

一番長く切ったリボン(42㎝)を布の切り替え部分に付けます。

ミシンで縫い付ける際にリボンがずれないように、あらかじめ裁縫上手などで貼り付けておくと良いですよ。

リボンの、どの部分を縫うのかというと

下写真の点線の部分です。

リボンの両端だけ少し模様が変わっているので、その部分の境目を縫うと綺麗に仕上がります。

全て縫い付けたら、最初に作っておいたリボンを真ん中に置きます。

この時もズレないように裁縫上手などで仮付けしておくと良いですよ。

そして下写真の黒線の部分で縫うと、縫い目が目立ちにくく綺麗に付けることができます。

↓縫えました。

どうしても縫い目が気になる方は、縫い目が見えないように手縫いで付ける事をおすすめします。

反対側も同じようにリボンを縫い付けます。

これでリボンが付きました。

4.持ち手を付ける

表布の両端に持ち手を仮付けします。

布の中心に印を付けて、そこから左右均等な位置で持ち手を固定します。

この時に持ち手の間隔は10㎝あけます。

そして布端から5㎜の位置で持ち手を縫って仮付けしておきます。

これで持ち手が付きました。

5.裏布と表布を縫い合わせる

表布の上に裏布を被せ、中表になるよう合わせます。(布の表側同士が内側にくるように)

合わせたら、下写真のピンクの線のように両端を縫います。どちらか片方の真ん中9㎝は縫わずにあけておきます。(ここが返し口になります)

↓両端を縫ったらこのような状態です。

今縫った縫い目(持ち手が付いている部分)が真ん中にくるようにします。

そして真ん中の縫い目の位置がピッタリ合うように重ねます。

この状態で、下写真のピンク線のように両脇を縫い代1㎝で縫います。

6.返し口から表に引き出す

両脇を縫ったら返し口から布を引き出し、表に返します。

裏地を表布の中に入れて袋口にアイロンをかけます。

7.袋口にぐるっと一周ステッチをかける

下写真の黒線のように、袋口から2〜3㎜の所でグルッと一周ステッチをかけます。これで返し口も一緒に閉じてしまいます。

これで完成でも良いのですが、もう一周縫うことで更に袋口がしっかりするので、袋口から1.5㎝の所でもぐるっと一周縫います。

こんな感じです。

8.完成!

これでリボン付き&切り替えありのレッスンバッグの完成です。

リボンを付けるだけでグッと可愛らしくなりますね。
リボンはグログランリボンや太い物を使うのも良いですよ。

最後に

今回はリボンテープの縫い付け方や、切り替えの作り方をお伝えしました。

苺とチェックで可愛らしい感じに仕上がりましたが、お子さんの好きな柄の生地で作ると喜んでもらえると思います。
大人用のバッグに付けても素敵ですね。

関連記事:女の子にオススメ♪フリル付き切り替えランチバッグの作り方

ファスナーポーチの作り方に興味がある方はこの記事を参考にしてみてください。
➡︎ファスナーポーチの作り方(マチあり・なし)誰でも簡単に作れます。
 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる