名札台の作り方②(ループ付きタイプ)・手縫いでもOK

ループ付きの名札台の作り方をご紹介します。

ループなしの作り方はこちらをご覧ください→名札台の作り方①

ループなしの名札台はミシンで作ったので、今回は手縫いで製作します

目次

名札台の作り方②(ループ付きタイプ)・手縫いでもOK

用意する物

・好きな布(縦12㎝×横9㎝)・・・2枚

・ループ用の布(縦6㎝×横3㎝)・・・1枚

※今回は薄手の生地とキャンバス生地を使い、いずれもベージュ系で統一しました。

生地は2枚とも薄いものを使うとペラペラで頼りなくなってしまうので、どちらか一方は厚手の生地にすることをお勧めします。(しっかりしたオックスやキルティング、キャンバスなど)

裏表同じ素材でもいいのですがリバーシブルで使いたいので違う生地を使いました。

今回は手縫いでザックリと作るので、ナチュラル感が出せるようにベージュのキャンバス生地をチョイスしました。あえて縫い目が目立つように濃い色の糸を使いました。

作り方

ループを作る

まず最初にループを作っておきます。

ループ用の布を縦に置き、左右の端を布の中心部に向かって折ります。アイロンでしっかり折り目を付けましょう。

折り目が開かないように左右それぞれ縦に縫います。

↓表から見るとこのようになっています。

そして真ん中で折って畳んでおきます。

ループはこれで完成です。

ループを作るのが面倒な場合は市販のカラーテープやリボンなどを使っても可愛く時短になりますよ。

布を中表に合わせる

布を中表(布の表側同士が内側にくるように)で合わせます。

※今回は裏表の無い生地ですが、柄がある生地の場合は中表にしてください。

↑このように、2枚の布の間にループを挟みます。(ループは二つ折りにした状態で)

縫い代1㎝で縫う

布の間にループを挟んで合わせたら、縫い代1㎝(布端から1㎝のところ)でぐるっと1周縫います。

※この時に長い辺(12㎝の方)のどちらか片方の真ん中を6㎝程縫わずに空けておきます。

角を切り落とす

四隅の余分な角を切り落とします。この時に縫い目を切ってしまわないように気を付けましょう。

↓写真のように、返し口の部分は縫い代をアイロンで割っておくと、ひっくり返した時に返し口部分に折り目がついて扱いやすくなります。

返し口から表に返す

返し口に指を入れ、布を引き出して表に返します。

アイロンで形を綺麗に整えます。

薄手の生地の場合は中に布を入れる

この工程は省いてもOKです

薄い生地で作った場合に、フェルトや要らない布などを中に入れると厚みを持たせることができます。接着芯でも良いですが、わざわざ買わなくても不要な布でOKです。

今回は家にあったフェルトを入れてみます。

名札台より少し小さめに切って中に入れるだけです。

1周ステッチをかける

布端から2~5㎜の所でぐるっと1周ステッチをかけます。手縫いでは、あえて粗く縫うことで可愛く見せることもできます

これで完成です。

周囲にステッチをかけなくても問題ありません。その場合は、袋口はコの字とじをして完成です。

完成

ループ付き名札台が完成しました。

ループは長めに仕上がるように作っています。お好みの長さに調整して作ってみてくださいね。

ループなし名札台の作り方はこちら→名札台の作り方①

ハンドメイド記事の一覧はこちら

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる