名札台の作り方①(手縫い/ミシンどちらでもOK!)

幼稚園や小学校などで、名札を付ける時に役立つのが名札台。

名札だけでなく校章や園章などの他のバッジも一緒にまとめて名札台に付けておくと、洋服を洗濯する際に一度に取り外しできるので便利なグッズです。

ハンドメイドの出品サービスサイトなどで検索するとチラホラ見かけますが、お店では売られていませんし、あまりポピュラーなものではありません。

名札台が必要な幼稚園や学校がそんなに多くないのでしょう。

このブログ記事では名札台の簡単な作り方をご紹介します♪

小さいので、手縫いで粗く縫っても簡単に作れますよ。

目次

名札台の作り方(手縫いorミシン、どちらでもOK!)

完成サイズ

完成サイズは縦10㎝×横7㎝です。

これは一般的な名札台のサイズです。過去に子供関係のバザーやネットショップで販売経験がありますが、ほぼこのサイズで作っています。

サイズはお好みに合わせて調整してください。

用意するもの

・好きな布(縦12㎝×横9㎝)・・・2枚

用意する生地はこの2枚のみです。

今回使った右の生地はかなり薄いので、もう一方の生地はキルティングにしました。

どちらも薄い生地だとペラペラで頼りなくなってしまうため、片方はキルティングなどの厚い生地にすると仕上がりがしっかりします。(オックスなどでも良いです)

薄い生地同士で作る場合は中にフェルトやいらない布などを入れると良いですよ。(接着芯を使ってもOK)

作り方

それでは作っていきましょう。

私はミシンで縫っていますが手縫いの場合も同じやり方で進めてください。

1.布を中表で合わせる

まずは布を中表に合わせます。

中表とは、このように柄がある方(表側)同士が合わさるように、生地の表面を内側にして重ねることです。

2.縫い代1㎝で縫う

布を中表に合わせたら、縫い代1㎝で(布端から1センチ開けた所で)ぐるっと縫います。

この時に長い方の辺 (12㎝の辺) の片方を真ん中6㎝ほど空けておきます。ここが返し口になります。

↑このようになります。

3.角を切り落とす

四隅の不要な部分を切り落とします。この時に縫い目を切ってしまわないように気をつけましょう。

↓写真のように、返し口の部分は縫い代をアイロンで割っておくと、ひっくり返した時に返し口部分に折り目がついて扱いやすくなります。

今回はキルティング生地を使ったので折り目がうまくつけられず、これは省きました。

4.布を表に返す

開けておいた返し口に指を入れて布を引っ張り出して表に返します。

表に返したらしっかりとアイロンを掛けて形を整えます。

5.ぐるっと1周ステッチをかける

アイロンで形を整えたら布端から2~3㎜の所でぐるっと1周ステッチをかけます。(開いたままの返し口も一緒に閉じることができます)これで完成です。

この一周ステッチをかける工程は省いてもOKです。その場合、返し口は手縫いでコの字とじします。

6.完成

名札台が完成しました。

裏側はキルティングなのでリバーシブルとして使えます。

名札台の使い方

続いて名札台の使い方についてご説明します。

今回はループが無いタイプなので、名札のピンでそのまま名札台と洋服を2枚一緒に留めてしまう方法があります。

↓このような感じです。

もしくは下の写真のようなロックピンで名札台を留める方法があります。

↓オシャレで可愛いですよ。

今回はループが無いタイプの名札台の作り方をご紹介しました。

↓このようにループを付ける作り方もあります。(ループ部分に安全ピンを付けます)

ループ付きの作り方はこちらに載せていますのでよろしければご覧ください。

↓ ↓ ↓

名札台の作り方②(ループ付きタイプ)

ハンドメイド記事の一覧はこちら

また、作った物をついでにネットで販売する方法もこちらに記載しています。

よろしければ参考にしてみてくださいね。

 ↓ ↓ ↓

余った布や材料などを使って小物を作るのも楽しいですよ。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる