簡単シンプル♪ミニトートバッグの作り方(マチなし・裏地あり)

ちょっとそこまで行く時に便利なミニトートバッグの作り方をご紹介します♪

サイズはスマホと財布などの貴重品が入る大きさで、軽くてシンプルなので折り畳みも可能です。

目次

簡単シンプル♪ミニトートバッグの作り方(マチなし・裏地あり)

1.完成サイズ

完成サイズは縦25㎝×横25㎝です。

手で持つとこれくらいのサイズで、財布と携帯(貴重品)や小物が入る丁度いい大きさになっています。

軽くて使いやすいので、ちょっとそこまで行く時やバッグインバッグとして重宝します。

マチなしでシンプルなので折り畳みも可能です。

2.用意する物

材料はこちら。

  • 持ち手布(29㎝×8㎝)…2枚
  • 本体《表》布(52㎝×27㎝)…1枚
  • 本体《裏》布(52㎝×27㎝)…1枚

持ち手の完成サイズは長さ27㎝・幅2㎝です。今回は持ち手も作りますが、面倒な方は市販の持ち手(カラーテープなど)を使うと時短になります。

3.作り方

作り方を順に解説します。

持ち手を作る

まずは持ち手を作っておきます。

持ち手用の布を↓写真の線のように真ん中で半分に折ります。(アイロンなどで)

半分に折ったら開きます。真ん中に折り目が付きました。

真ん中の折り目に向かって両端を折ります。

両端を真ん中の線に合わせて折ったら、さらに半分に折り畳みます。

この状態で両脇を端から2~3㎜の所でステッチをかけたら持ち手の完成です。もう一つの持ち手も同じように作ります。

持ち手を本体布に仮付けする

持ち手を本体《表》布に仮付けしておきます。布の表側(柄がプリントされている面)に付けます。

↓写真のように本体《表》布の短い辺にそれぞれ持ち手を仮付けします。

持ち手の中央の間隔は10㎝にしました。

縫う位置は布端から5㎜程のところです。仮付けなので大体でOKです。

裏地を縫い合わせる

表布に持ち手を仮付けしたら、中表で裏地を合わせます。

中表とは、布の表側(布の柄がプリントされている表側の面)が内側になるように合わせることです。

そして↓写真の黒線のように、短い辺(持ち手が付いている辺)を縫い代1㎝で縫います。

縫ったら、今縫った所が真ん中に来るように布を開きます。

↓このように、持ち手が中央に来るように。

中央がズレないようにマチ針などで固定します。

※持ち手や縫い代はどちらに倒しても大丈夫です。

この状態で、↓写真の黒線のように袋の両脇を縫い代1㎝で縫います。

この時に、裏地のどちらか片側の真ん中あたり10㎝程度は縫わずに空けておきます。ここが返し口になります。

表に返す

空けておいた返し口から布を引き出し、バッグを表に返します。

返し口を閉じる

返し口が開いた状態になっているので、手縫いで「コの字とじ」して返し口を閉じます。

袋口にステッチをかける

袋口にしっかりとアイロンをかけ、布端から2~3㎜でグルッと一周ステッチをかけます。

完成

これでミニトートバッグの完成です♪

貴重品が入るサイズ・マチなし・シンプル・折り畳み可能♪

裏地がついているので普段使い用として、しっかり使えます。

季節に合った柄や素材で作ると気分も上がります。

4.最後に

他にも布小物の作り方を載せています♪

ハンドメイド記事一覧

また、作った物をついでにネットで販売する方法もこちらに記載しています。

よろしければ参考にしてみてくださいね。

  ↓ ↓ ↓

目次