フリル付きランチバッグの作り方【切り替え・裏地あり】

女の子に人気のフリル付きハンドバッグ(切り替え・裏地あり)の作り方をご紹介します。

ランチバッグとして、またちょっとお出かけする時に貴重品を入れるミニハンドバッグとしても使いやすいサイズです。

子供用として使うだけでなくママや大人が持っても可愛いですよ。

一手間加えてフリルを付けるだけで女性らしく華やかなデザインになります。

目次

フリル付きランチバッグの作り方【切り替え・裏地あり】

出来上がりサイズは縦20㎝×横27㎝×マチ9㎝です。

 

用意する物

    (出来上がりサイズ 縦20㎝×横27㎝×マチ9㎝)

  • 裏布(縦51㎝×横29㎝)×1枚
  • 持ち手(縦12㎝×横25㎝)×2枚
  • 本体(縦12㎝×横29㎝)×2枚
  • 本体[底](縦32㎝×横29㎝)×1枚
  • フリル(縦54㎝×横5㎝)×2枚

 

今回は持ち手も共布(本体と同じ布)で手作りします。

持ち手を作るのが面倒な方は、下写真のような市販のカラーテープを使うと時間短縮できますよ。

 

製作の手順

 

持ち手を作っておく

最初に持ち手を作っておきます。

持ち手用の布をアイロンで半分に折り、開きます。

開いたら、半分に折った時についた真ん中の線に向かって片方の端を折ります。

反対側の端も真ん中に向かって折ります。

そして更に半分に折ります。

折った状態で両端から2〜3㎜の所にステッチをかけます。

これで持ち手の完成です。

 

フリルを作る

フリルを作っておきます。

フリル用の布の片方の端をアイロンで5㎜折ります。

端を5㎜折ったら、更にもう一度5㎜折ります。

2回折れたら下写真の線のように折り目の端から2㎜の所でステッチをかけます。

これでフリルの裾の処理が出来ました。

 

次にギャザー(布の波)を作ります。

さきほど処理して縫った端とは反対側の端から5㎜のところでゆる〜く縫います。

ミシンでゆる〜く縫う方法ですが、まず糸調子を一番弱い0に合わせます。

そして縫い目を大きく設定出来るミシンであれば大きめに設定しておきます。

 

この状態で端から5㎜のところで縫います。

始めと終わりは返し縫いはしません。

縫ったら上糸だけ引っ張ります。

下糸を引っ張ると止まってしまい、それ以上引っ張れなくなるので注意します。

引っ張るとギャザーになります。

この時に下図のように2本でギャザーを作った方が安定して綺麗に出来るのですが、私は今回は一本でギャザーを作りたいと思います。

※フリル用の生地の長さは、作りたいフリルの仕上がりの長さの約2倍くらいにしておくと良いですよ。(ギャザー大めか少なめか好みで調整してください)

※手縫いでフリルを作る場合は荒めに波縫いして引っ張ると出来ますよ。

 

作ったフリルをバッグ本体に当てて、フリルの長さをバッグ本体の横幅に合わせます。ここでギャザーが偏らないよう全体的に均等に調整しましょう。

横幅が調整できたら糸の端(上糸と下糸)は結んでおくと良いですよ。

もう一つも同じように作ります。

これでフリルの完成です。

作るのが面倒な場合は下写真のような市販のフリルを使うと時間短縮できます。

※フリルを作り終えたらミシンの糸調子や縫い目の大きさは元に戻しておきます。

 

本体布にフリルを付ける

フリルを底布(表側)の端に固定し、端から5㎜くらいのところで仮縫いしておきます。
(フリルはズレやすいので真っ直ぐになるよう整えながら少しずつ縫っていきます。)

反対側の端にもフリルを仮縫いします。

底布にフリルを仮付けしたら、フリルの上から本体の布を合わせます。

本体の布を固定したら縫い代1㎝で縫います。

布を開いてアイロンをかけます。

こんな感じで表布が繋がりました。

下写真の線の部分にステッチをかけます。(切り替え部分の布を押さえるように縫います)

ステッチをかけました。

これで表布の切り替えが繋がり、間にフリルが付きました。

裏布にマジックテープを縫い付ける

裏布にマジックテープを付けておきます。

実はこの時うっかりマジックテープを付けておくのを忘れていました(;^_^A
そんな事もあるので後からマジックテープを付ける方法もブログの最後に記載しています。

マジックテープの付け方を図でご説明します。

裏布(表側)中心の上下に、布端から2㎝あけて付けます。

図のように上下に2か所マジックテープを縫い付けておきます。
バッグが完成した後からでも付けられますが最初に付けておいた方が楽だと思います。

 

表布に持ち手を仮付けする

表布の真ん中を8㎝あけて持ち手を固定します。

持ち手の端は布端から少しはみ出るくらいの位置で固定します。

布端から5㎜くらいの位置で仮縫いしておきます。

反対側も同じように持ち手を付けます。

持ち手を仮付け出来ました。

表布と裏布を縫い合わせる

表布と裏布を中表(布の表側同士が内側になるように)で合わせます。

まち針などで固定したら下写真のように両側を縫います。片側の真ん中は縫わずに8㎝あけておきます。(ここが返し口になります)

裏返すとこのような状態です。

両端を縫ったら、今縫った縫い目が真ん中にくるように開きます。

縫い目(持ち手が付いている所)を真ん中にしたら布同士の縫い目の位置をピッタリと合わせて固定します。

まち針などで固定したら下写真のラインのように両脇を縫い代1㎝で縫います。

これで本体を縫い合わせることが出来ました。

マチを作る

マチを作ります。

角(四隅)の部分を開き、下写真のように9㎝のところにチャコペンで線を引きます。

線に沿って縫います。

4ヶ所すべての角を同じように縫ってマチを作ります。

4ヶ所縫ったら角の余分な布を切り落とします。縫い目から1㎝ほど残して切ります。

これでマチの完成です。

返し口から布を引き出す

返し口から布を引っ張り出し、表に返します。

裏地を中に入れ、袋口にしっかりとアイロンをかけて形を整えます。

アイロンをかけたら袋口から2〜3㎜のところでグルッと一周ステッチをかけます。(これで返し口も一緒に閉じてしまいます)

完成

これでフリル付きハンドバッグの完成です。

 

 

※補足〜後からマジックテープを付ける場合〜

最初にマジックテープを付けるのをうっかり忘れた場合は、下写真のようにバッグの完成後にそのままミシンで縫い付けても大丈夫です。

しかしその場合は表布も一緒に縫ってしまうので、このようにバッグの表側に縫い目が見えてしまいます。(気にならなければOKです)

表布は縫わずに裏布のみにマジックテープを縫い付けたい場合、手縫いだと出来ますよ。
裏地を引き出して手縫いで少しずつ縫います。

マジックテープは硬いので少々縫いづらいですがなんとか付きました。

 

今回はフリル付きランチバッグ(切り替えあり・裏地つき)の作り方をご紹介しました。

ランチバッグとしてだけでなく携帯や財布を入れてちょっとそこまでお出かけする時などにも使える可愛いミニハンドバッグです。

このブログ記事を参考にお好きなフリルや布を使ってぜひ作ってみてくださいね。

 

ハンドメイドに興味がある方は他の記事も参考にしてみてください。
➡︎ハンドメイド記事一覧

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる