くるくる巻ける♪子供用折り畳みカトラリーケースの作り方

クルクル巻いてボタンで留めるタイプのオシャレなカトラリーケースの作り方をご紹介します。

今回子供用サイズに合わせて作りましたが、サイズを調整して作れば大人の方も使えるデザインです。

目次

くるくる巻ける♪子供用折り畳みカトラリーケースの作り方

完成サイズ

完成サイズは広げた状態で

横幅12.5㎝×縦17.5㎝です。

子供用のお箸・スプーン・フォークがぴったり入る大きさにしました。

材料

  • 本体布(縦30㎝×横14.5㎝)…2枚
  • ポケット部分の布(縦7.5㎝×横12.5㎝)…2枚
  • 紐(またはゴム)…9~10㎝程度
  • ボタン(お好みの物)…1個

↑本体布の横幅は上が12.5㎝、下が14.5㎝です。写真を参考にしてカットしてください。(クルクルと巻いた時に布端がはみ出さないように設計したのでこのような形になっています)

紐とボタンについて

紐とボタンは百均(セリア)で購入したこちらを使用しました。

カットする紐の長さはボタンの大きさによりますが、9~10㎝程度あれば足ります。ボタンが通る程度の長さ+2㎝でカットしてください。

ゴムにしてみましたが伸縮性のない紐でもOKです。ボタンに引っ掛けられる細めの物が向いています。布に合った可愛いものを選びましょう。

作り方

ポケット部分を作る

まず最初にポケットになる部分を作っておきます。

ポケット用の布を中表で合わせます。中表とは布の表側(柄がプリントされている面)が内側になるように布同士を合わせることです。

↓写真のピンク線のように布を合わせた状態で周囲を縫い代1㎝で縫います。この時に一か所だけ縫わずに5㎝空けておきます。ここが返し口になります。

角の部分の余分な布を切り落とします。

↓縫わずに空けておいた返し口の部分は、縫い代をアイロンで割っておきます。こうすることで布を表に返した時に形が整います。

返し口から布を引き出して表に返し、アイロンを掛けます。

↓アイロンで形を整えたら周囲をぐるっと一周ステッチをかけます。

これでポケット部分が完成しました。後で使うので一旦置いておきます。

本体を作る

本体布の表側(柄がプリントされている面)の下から9㎝の部分に紐を固定します。(真っすぐの辺ではなく上部が狭くなっている側の辺)

固定する位置は布端から1㎝以内にしましょう。仮で固定しておくだけなのでざっくり縫い付けてOKです。

紐を固定したら、もう一枚の本体布を上から被せ、中表で合わせます。

↓写真の黒線のように縫い代1㎝で周囲を縫います。この時に返し口として9㎝は縫わずにあけておきます。

この時にゴム(紐)の部分は何度か返し縫いをし、引っ張っても取れないようしっかり縫っておきます。

角の余分な部分を切り落とし、返し口の部分は縫い代をアイロンで割ります。

返し口から布を表に引き出し、アイロンをかけます。

最初に作っておいたポケット部分の布を下部(やや左寄り)に置き、左右と底のみ縫い付けます。

次にポケットの横幅を3等分して縦に二か所縫います。

これでポケットが固定されました。

蓋に折り目を付ける

このままでも良いのですが、より畳みやすくするために蓋の部分に折り目を付けます。

使っているフォークやお箸を入れ、その高さに合うように上部の布を折り曲げます。

折り目の部分に印をつけておき、その位置で折った状態で↓写真の黒線のように上部の両端を少しだけ縫います。

このように両端を二か所縫い留めておくことで蓋の折り目が出来ます。

あとはボタンを付けるだけです。

ボタンを付ける

カトラリーを入れた状態でクルクルと折りたたんでいきます。

ぐるっと巻き終えたところで紐が掛かる位置にペンなどで印をつけます。

印を付けた部分にボタンを付けたら完成です。

完成

これで折り畳みカトラリーケースの完成です♪

最後に

今回作ったカトラリーケースはくるくる巻いたりボタンが留められる年齢向けデザインです。まだそれができない小さなお子さんや、ボタンが面倒な方はこちらのマジックテープやマグネットで留めるタイプがおすすめです。

布製カトラリーケースの作り方【マジックテープ】型紙不要・簡単

縦長マグネット式カトラリーケースの作り方

スマートな縦長カトラリーケースの作り方【ボタン式】

他にも布小物の作り方を載せています。よろしければこちらも参考にしてみてください。

ハンドメイド記事一覧

目次