いきものクッキー専門店「kurimaro collection」価格や味・駐車場は?

三重県桑名市にある、いきものクッキー専門店「kurimaro collection(クリマロコレクション)」に行ってきました。

お店の写真やクッキーの素材・価格・味・駐車場などについて詳しくご紹介します。

↓桑名・いなべのお店の記事まとめ↓

目次

いきものクッキー専門店「kurimaro collection」とは

三重県桑名市北鍋町にあるクッキー専門店です。

「いきものクッキー」って何?と最初は思ったのですが、名前の通り動物や魚など様々な生き物の形をしたクッキーが沢山販売されているのです。

動物や魚が好きな人は特に買ってみたくなるクッキーです。子供も喜びますね。

犬や猫などスタンダードな生き物から、深海魚や微生物などマニアックなものまで種類がかなり豊富です。

(デザインや生き物の種類は季節によって変わるそうです。私が買いに行ったときは秋だったのでハロウィン仕様のクッキーもありました)

お店も外観はオシャレなので近くを通っていても目を引きます。

お店の前には小さな家のようなものがありました。可愛いデザインですね。

そしてオシャレなのは外観だけではありません。

店内も可愛いデザインになっていました。

内観の写真がこちらです。

壁には魚や気をモチーフにした装飾が施されています。

とっても素敵な壁ですね。

様々な種類の生き物のクッキーが木箱に入って並んでいました。

私が悩んでいると店主の方がクッキーについて丁寧に説明してくださいました。自分が欲しい動物を伝えると、棚には並んでいなくても在庫がある場合もあるとのことで出してきてくださり、笑顔が素敵でとても優しい方でした。

クッキーの価格について

kurimaro collection公式サイトの通販ページにも記載されている通り、店舗でも同様クッキーの価格は1枚432円(税込)です。私は最初は「クッキー1枚だと少し高めだな」と思ったのですが、後でも詳しく書いていますが価格相応のクオリティーになっています。

国産の材料は高価であることや、こだわりの材料を使って可愛い動物などのデザインで丁寧に作られているので納得します

クッキーの味とこだわりについて

クッキーはどんな味なのか

クリマロコレクションのクッキーを食べてみて、まず最初に感じたことは

「手作りのクッキーの味がする!おいしい!」ということです。

市販の味というより手作りのクッキーの味がして美味しいのです。

素材にこだわって作られているからこそ出せる美味しさでしょう。

材料のこだわり

クリマロコレクションはデザインも型から手作りで丁寧に作られていますが、材料にもこだわりがあります。

「卵不使用」ということで、卵アレルギーの方でも食べられるのは大きなポイントだと感じました。

また、バターは100%国産生乳使用のピュアバター、塩も純国産自然海塩、小麦粉は100%三重県産小麦が使われています。

国産の素材が使われているのは安心感がありますね。

着色は主に野菜・フルーツパウダー、食材類、天然色素を使って色と味を出しています

素材にすごくこだわられているので、誰かのお家に遊びに行く時の手土産や、大切な人へのプレゼントとしてベストなクッキーだなと思いました

購入時にはクッキーの価格はやや高めだなと感じましたが、値段相応の素材が使われていることと、可愛いデザインで手間をかけて作られていることを考えると納得できます。

動物や魚などの生き物が好きな方や、子供にプレゼントすると喜んでもらえそうです。

贈り物として自信をもって渡せますね。

クッキー以外にもドリンクが販売されていました

私が訪れた際(2021年秋)にはドリンクも販売されていました。

入り口に貼られていたドリンクメニューの写真です。コーヒーとソイラテがありました。

駐車場や店舗情報について

駐車場の場所と台数について

駐車場はお店のすぐそばに2台分あります。

お店に行くとすぐに目につく場所に駐車場があるので迷うことなく停められます。

「P1」P2」と書かれています。ここ以外には停めてはいけないようです。

店舗情報

住所〒511-0066 三重県桑名市北鍋屋町84-1
電話番号0594-41-5837
営業時間火~土 9:30~17:30
定休日日月
HP公式ホームページはこちら
インスタグラムはこちら

最後に:「kurimaro collection」はオシャレでお土産にピッタリ

この記事では、いきものクッキー専門店「kurimaro collection」について紹介しました。

材料にこだわっていて、見た目が可愛いクッキーはお土産にピッタリです。

この記事を読んで少しでも興味が出た方は、一度立ち寄ってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる