ハンガーをリメイク♪使い古したシーツや布で簡単にアレンジする方法

古いハンガーは傷んだり変色してきますね。そこで、ハンガーに布を巻いて可愛くリメイクする方法をご紹介します。

新たに材料を買う必要はなく、着なくなった衣服やシーツなど家にあるもので簡単にリメイクできますよ♪

目次

ハンガーをリメイク♪使い古したシーツや布で簡単にアレンジする方法

完成図

こちらが今回作製したオリジナルの布ハンガーです。

元はワイヤーハンガーでした。フックの部分だけ布を2重に巻いたので太くなっています。全体を何重にも巻いて太くしても可愛いと思います。

用意する物

用意する材料は以下の4点です。

  • ボンド(木工用や手芸用など)
  • ハンガー(ワイヤーでもプラスチックでも可)
  • (今回は使い古したシーツ)
  • 両面テープ

布について

ハンガーにリボンを巻いて作っても良いのですが、かなりの長さが必要なのでリボンを買うのは勿体無いと思い、使わなくなったシーツを切って巻き付けることにしました。着なくなった洋服などでもOKです。要らない布をリメイクしましょう♪その方が長さと厚みがあって経済的ですよ。

ハンガーについて

ハンガーはワイヤーでもプラスチック製でもどちらでも構いません。

今回は、傷んで表面が剥がれたワイヤーハンガーをリメイクしました。

プラスチックハンガーと比べるとワイヤーの方が細いので、仕上がりを太くしたいのであれば布を2~3周巻いて重ねると良いですよ。

作り方

1.布をカットする

今回はシーツをリメイクしたので長さがまとめて192㎝取れました。幅は4㎝です。

長さが無くても途中で布を足しながら巻けるので大丈夫です

192㎝でもハンガー1周するには足りないので、都度切って補充しましょう。

2.布の両端を折る

布の両端を真ん中に向かって畳み、アイロンでしっかり折り目を付けます。

↓表から見ると綺麗なテープ状になっています。

これで布テープの完成です♪折った布端側を見えないよう下にして使います。

3.ハンガーに布テープを巻き付ける

布テープをハンガーに巻き付けていきます。

最初の巻き始めの部分はズレないように両面テープをちょこんと貼っておくと良いですよ。

巻き始めの布端が見えないように覆いながらグルグルと巻いていきます。

ある程度の力で引っ張りながらしっかりと巻き付けていきます。

きつめに巻けばボンドや両面テープがなくても布がズレたり外れたりしません

↓長さ192㎝あっても、途中で布が足りなくなりました。

4.布を継ぎ足す

↓巻き終わりの部分に両面テープをちょこんと貼り、布端を留めておきます。足りない布テープの量をまたシーツからカットして追加で作ります。

この巻き終わりの端と、新たに巻き始める布テープの端を隠すように覆いながら巻いていきます。

巻き終わりを結ぶ

一周巻いたら結びます。

↑結び目の中にボンドを付けてギュッと結び、ボンドが乾いたらここで布テープをカットしても良いです。

今回はここで切らずに残りの布をフックの方に巻き付けました。

フックの先で布端を処理しました。

布端にボンドを付けます。

端を少し折り返します。

更にボンドを付けて圧接したら完成です。

これで巻き終わりの処理が完了しました。乾くまでは何かで留めて固定しておきましょう。

完成

仕上げにお好みでリボンなどを付けると可愛くなりますよ♪

↓こちらはスエードの紐を巻いてみました。飾りを付けることで雰囲気がガラッと変わりますね。

布ハンガーに生まれ変わったので洋服が滑ったり落ちることがなく、使いやすくなりました。

最後に

ハンガーのリメイク方法をご紹介しました。使い古したシーツもリメイクして使いましたが、シーツは大きいのでまだ沢山生地が余っています。シーツをリメイクしたキッチン雑貨の作り方はこちらにも載せています。

  ↓↓↓

ハンドメイド記事一覧

目次