フリル付きレッスンバッグの作り方(裏地あり・底切り替えあり・マチなし)

フリル付きのレッスンバッグの作り方を分かりやすく画像付きで解説します。

フリルや持ち手の作り方も載せていますが、作るのが面倒な方は市販の物を使っても大丈夫ですよ。

目次

フリル付きレッスンバッグの作り方(裏地あり・底切り替えあり)

完成サイズ

完成サイズは縦30㎝×横40㎝です。

この大きさはごく一般的なレッスンバッグのサイズで、使いやすい大きさとなっています。

用意する物

用意する材料はこちら。

  • フリル用の布(12㎝×80㎝)…2枚
  • 裏地(42㎝×62㎝)…1枚
  • 表布【上部分】(42㎝×22㎝)…2枚
  • 表布【底部分】(42㎝×22㎝)…1枚
  • 持ち手用の布【表】…2枚
  • 持ち手用の布【裏】…2枚

やや材料が多めですが、持ち手もフリルも手作りとなっている為です。

フリルと持ち手を作るのが面倒な方は、市販のフリルやカラーテープを使うと時短になって良いですよ。

本体と同じ布で作った方が可愛いと感じる場合は手作りがおすすめです。

作り方

持ち手を作る

まず最初に持ち手を作っておきます。

持ち手用の布を中表で合わせます。中表とは、布の表側(柄がプリントされている面)が内側同士になるように合わせることです。

中表で合わせたら長い方の辺を縫い代1㎝で縫います。(下の写真のピンク線の部分)

表に返してアイロンをかけ、両端から2~3㎜のところでステッチをかけたら持ち手の完成です。もう1本も同じように作ります。

持ち手が細いので、表に返すのが少々苦戦します。これとは違った、四つ折りにするだけの簡単な持ち手の作り方もあります。こちらの記事の持ち手の作り方をご参照ください。→ミニトートバッグの作り方

フリルを作る

フリルの作り方をご紹介します。

フリル用の布を半分に折ります。

半分に折ったら、ミシンの糸調子を0にします。(一番弱くする)

そして↓ピンク線のように、折った布端から5㎜の所と1㎝の所で2カ所縫います。

※この時、縫い始めと縫い終わりは返し縫いはしないよう注意します。

糸の端は長めに残してカットします。

↓このように、5㎜間隔で2本のラインがゆる~く縫えました。

そして上糸だけを引っ張るとギャザーが作れます。布を寄せながらフリルが均一になるように調整します。(左右両側から引っ張ってもOK)

付けたい布の幅に合わせて長さを調整します。

長さを調整したら、フリルのギャザーがずれてしまわないように、アイロンで押さえて形を整え、↓ピンク線のように縫い目の上から一直線に縫っておくと形がしっかり記憶されます。(この時は糸調子を元に戻すのを忘れずに)

これでフリルの完成です。

手縫いでフリルを作る場合は、粗めのなみ縫いにして引っ張るとギャザーが作れますよ。

ミシンか手縫い、やりやすい方で作ってみてください。

1本のラインでもギャザーは作れますが、不安定なので、2本のラインでギャザーを作った方が安定して綺麗なフリルが作れます。

本体にフリルを付ける

底布の表側にフリルを仮付けしておきます。

底布の端からフリルが上に5㎜程度はみ出すようにし、布端ギリギリの所で縫って仮付けします。(ピンク線のように)

仮付けしたら、表布(上部分)を中表で被せます。

この時もフリルの端は上に5㎜程度はみ出すようにし、布端から1㎝の所で一直線に縫います。

縫ったら、布を開きます。

そして底布の反対側にも同じようにフリルを付けます。

反対側も同じように付けたら縫い目の部分にアイロンをかけて押さえます。

縫い目を押さえる為に、フリルの上2~3㎜程度の所でステッチをかけます。

これで表布3枚とフリルが繋がりました♪

持ち手を付ける

表布に持ち手を仮付けします。

↓写真のように表布の両端の真ん中に持ち手を固定します。(持ち手の間隔は10㎝)

布端から5㎜程の所で縫い、持ち手を付けておきます。(固定できれば良いので大体でOKです)

裏地と表布を縫い合わせる

表布の上に裏地を中表で被せます。

写真のように裏地を被せたら、↓ピンク線のように持ち手が付いた辺を縫い代1㎝で縫います。

※この時、どちらか一方の真ん中10㎝は縫わずに空けておきます。ここが返し口になります。

次に、今縫った持ち手の部分が中央にくるように布を調整します。

真ん中同士をぴったり合わせたら、↓ピンク線のように長い辺を縫い代1㎝で縫います。(中央の縫い代はどちらに倒してもOKです)

返し口から布を引き出す

10㎝空けておいた返し口から布を引き出し、表に返します。

このままだと返し口が開いたままなので、バッグの袋口にしっかりアイロンをかけて形を整え、待ち針などで返し口を固定しておきます。

袋口にステッチをかける

↓写真の白線のように、袋口2~3㎜の所でグルッと一周ステッチをかけます。(これで返し口もついでに閉じることができます)

2~3㎜の所で縫ったら、更にそこから数㎝下の所でもう一周縫って完成です。(これをすることで袋口が押えられ、バッグを開けた時のもたつきが防げます)

好きな幅でOKです。今回は1㎝にしました。

完成

これでフリル付きのレッスンバッグが完成しました♪

裏地・底・持ち手にキルティングを使用したので、厚手で丈夫なバッグになりました。

ワッペンなどを付けても可愛くなりますよ(^^♪

最後に

他にも布小物の作り方を載せています♪

ハンドメイド記事一覧

また、作った物をついでにネットで販売する方法もこちらに記載しています。

よろしければ参考にしてみてくださいね。

  ↓ ↓ ↓

目次