【ボタンの練習】フェルトのボタンつなぎおもちゃの作り方

フェルトで作る「遊びながらボタンの練習ができるおもちゃ」の作り方をご紹介します。

カラフルでふわふわのフェルトを使ったおもちゃは幼児の遊びにぴったりです。

子供がしっかり遊べるように頑丈で長持ちする作りになっています(^^♪

目次

【ボタンの練習】フェルトのボタンつなぎおもちゃの作り方

材料

  • フェルト(幅2㎝×長さはお好みで)…2枚
  • スナップボタン…2個

材料はフェルトとボタンのみです。(あとは裁縫用の針と糸)

ボタンについて

今回、スナップボタンはカラフルなプラスナップを使いました。

ネット通販ではスナップボタンを付ける為の道具もセットで安く販売されているので、ハンドメイドや手芸をする場合は布小物を作る時に何かと使えるので買っておくと便利です。

たくさん入っているのでお得です。

無い場合は手縫い用のスナップボタンでも作れますよ(^^♪

フェルトの大きさについて

フェルトの幅は2㎝程度が使いやすいと思います。

長さは10㎝で作った場合、輪っかにした時にかなり短めになります。

↓10㎝だとこのように指輪くらいの輪っかになります。(子供には小さくて輪っかにするのが難しい)

今回は長さ15㎝で作りました。

↓10㎝と15㎝の比較は以下のようになります。

↓このようにまっすぐ繋げるだけの使い方をする場合は10㎝でもOKですが、輪っかにして遊びたい場合は最低15㎝の長さは必要です。

作り方

1.フェルトを仮付けしておく

フェルトを2枚重ねて縫うので、ズレないように裁縫用のボンドなどで軽く固定しておくと便利です。(ボタンを付ける位置と周囲を縫う部分は避けて塗ると良い)

2枚ぴったり重ねてくっつけます。

※仮止めが面倒な場合は省いてもOKです。

フェルト1枚でも作れますが、スナップボタンの場合は外す時にフェルトを引っ張るので強度が必要だと思い2枚重ねにしました。

2.周囲をぐるっと縫う

縁を一周ぐるっと縫います。(手縫いでもOKですが面倒なので私はミシンで縫いました)

敢えてフェルトとは異なった色の糸を使ってみても可愛く仕上がります。ステッチが目立ち、手作りの可愛さが引き立ちます。

3.両端にボタンを付ける

両端にスナップボタンを付けます。輪っかにできるようにボタンの向きは間違えないよう注意しましょう。

4.完成

これでボタン練習おもちゃの完成です♪

ボタンもフェルトもカラフルにすると可愛いですよ(^^♪

5.遊び方

①輪っかにして繋げる

②真っすぐ長く繋げる

③色々な形を作ってみる

ボタンを軸にフェルトを回転させると動くので、様々な形が作れます。星☆などの複雑な形を作る場合は多くの辺が必要なので、沢山作る必要があります。

最後に

遊びながらボタンの練習ができるフェルトのおもちゃの作り方をご紹介しました。指先の力や感覚を鍛えながら遊べるので幼児にぴったりです。

他にも布小物の作り方を載せているのでよろしければ参考にしてみてくださいね。

ハンドメイド記事一覧

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる