洗濯できる布製カトラリーケースの作り方【縦型・ボタン式】

洗濯可能な布製カトラリーケースの作り方をご紹介します。

今回は子供用サイズで作りましたが、サイズを調整して作れば大人でも使えるオシャレでシンプルな縦型デザインになっています。

目次

洗濯できる布製カトラリーケースの作り方【縦長・ボタン式】

完成サイズ

完成サイズは蓋を閉じた状態で

縦18㎝×横7㎝です。

今まで子供用のカトラリーケースは何度も作ってきましたが、我が子がエジソンのお箸を卒業し、シンプルなお箸とフォークとスプーンしか使わなくなり、日によってはお箸だけしか持たないこともあり、スマートなカトラリーケースが欲しいと思ったのでこのサイズで設計しました。

エジソンのお箸を入れたい場合は、完成サイズの横幅が9.5㎝になるよう、生地を裁断する時に横幅11.5㎝でカットしてください。

材料

  • お好きな生地(縦42.5㎝×横9㎝)…2枚
  • ボタン…1個
  • 紐またはゴム…10㎝あれば十分足ります

紐について

紐(またはゴム)は、ボタンにかけられる程度の長さ+2㎝でカットしましょう。

今回私が使ったボタンと紐はどちらも百均(セリア)で購入したものです。

ちょうど生地の色に合ったゴムとボタンがありました。なんでもOKなので生地に合うものを選びましょう。

作り方

作り方をご紹介します。

1.生地を繋げる

2枚の生地を中表で(布の表側が内側にくるように)合わせます。

布を重ねた状態で↓写真のピンクの線のように片側を縫い代1㎝で縫います。

これで2枚の布(表布と裏地)が繋がりました。

2.布を折り曲げて両脇を縫う

次に布の表側(柄がプリントされている面)が外側になるように半分に折ります。(アイロンで押さえます)

その状態で布端を反対方向に折ります。この時に18㎝残した状態で折り曲げます。

反対側の布も同じように折り曲げてアイロンでしっかり折り目をつけます。

折りたたんだ状態で↓写真のピンク線のように両脇を縫い代1㎝で縫います。蓋の部分までグルッと縫いますが、蓋の真ん中は縫わずに6㎝空けておきます。ここが返し口になります。

3.角を切り落とす

蓋の部分の角を切り落とします。(布を表に返した時にかさばらないように)

縫い目を切ってしまわないように注意しましょう。

4.縫い代を開く

返し口の部分だけアイロンで縫い代を割っておきます。

縫い代を割っておくことで、布を表に返した時に↓このように返し口に折り目がついて形が整います。

5.表に返す

返し口から布を引き出し、表に返します。

表に返したら全体にアイロンをかけます。

6.紐を付ける

返し口に差し込むようにして紐(またはゴム)を入れます。

紐のループの大きさはボタンが通るサイズに調節し、返し口に差し込んだ状態で動かないように待ち針などで固定しておきます。固定したら↓写真のピンクの線のように蓋の周囲にグルッとステッチをかけます。

これで紐が付き、返し口も閉じられました。紐の部分のみ何度か返し縫いをして、外れてこないようにしっかり縫い付けておきます。

7.ボタンをつける

蓋を閉じてループがかかる位置にペンなどで印を付けておき、そこにボタンを縫い付けます。

完成

洗濯できる布製カトラリーケースの作り方【縦長・ボタン式】についてご紹介しました。

布製なので洗濯機で丸洗いでき、お手入れがラクです♪

スマートなのでランチバッグに入れても場所をとりません。

最後に

他にも違ったタイプのカトラリーケースを載せています。よろしければこちらも参考にしてみてください。

ハンドメイド記事一覧

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる