工場勤務の年収はどれくらい?【工場勤務10年の年収を解説します】

こんにちは、takeです。

「工場勤務の年収はどれくらいだろう?」
「工場勤務の派遣社員の年収はどれくらい?」

といった疑問に答えていきます。

僕は、自動車関係の工場で約10年勤務しており、現在も会社員として働いています。
なので、工場勤務についての経験と知識がたくさんあるので参考になれば嬉しいです。

こういった僕が解説します。

この記事では、

  • 「工場勤務の年収は?」
  • 「工場勤務の派遣社員の年収は?」

この2点についてお伝えしていきます。

目次

工場勤務の年収はどれくらい?

工場勤務約10年の僕の実際の年収や給料について解説していきます。

  • ①年収は約700万円
  • ②月収は約47万円
  • ③ボーナスは約82万円×年2回

順番に見ていきましょう。

①年収は約700万円

工場勤務が約10年の僕は、高卒で入社し、正社員の現在30歳です。

そんな僕の去年の年収は700万円を超えていました。

工場では、交代制による夜勤をすることにより深夜手当がもらえたり、残業をすることで残業手当といった手当がきちんと支給されます。

なので、工場で働けば働くほど稼げるので年収は上がりやすいでしょう。

基本的に、大きな手当となるのが残業手当や休日出勤手当となります。僕の工場では、お金を稼ぎたいといって残業をたくさんやっている人たちもいます。

時間の切り売りと肉体労働による疲労はあるけど、工場勤務は精神的にはそこまでキツくないです。

しかし、夜勤などの交代制や体を動かし続けるので肉体的にはかなりきついと感じます。

とはいえ、20代で年収700万円超えは平均よりかなり高いのではないでしょうか?

仕事は決して楽ではありませんが、お金を稼ぎたいという方にはおすすめの職業といえます。

②月収は約47万円

月収は、残業をやった時間によって大きく変わります。あとは休日出勤の有無ですね。

月の残業時間は平均で20〜30時間で、多い時は45時間を超える時もありますが、月の残業代は平均7万円くらいです。

休日出勤をすると一日で約2万円稼ぐことができるのでありがたいですね。

それと基本給が約27万円で+深夜手当+通勤手当+家族手当の合計約10万円が基本給に足されます。

基本給と手当を合わせると、月収約47万円になります。

残業を多くすれば、月収50万円も可能なのでかなり余裕のある生活ができるのではないでしょうか?

僕の工場では、残業をどれだけしても怒られたりしないので稼ぎたい人はダラダラと残業していても問題ありません。

なので、工場勤務でお金を稼ぎたい人はできるだけ残業をするといいでしょう。

残業を長引かせる方法は、「仕事をやりやすくするために改善させてください。」と上司に言って改善することで残業を長くすることができます。

とはいえ、毎日改善するのは大変だし、やることもなくなってくるので、新しい仕事を覚えたいと言って教わるのもアリでしょう。

③ボーナスは約82万円×年2回

僕の工場では、7月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

ボーナスは年ごとに変動しますが、基本給×5.0〜6.0ヶ月分×2回がもらえます。

ボーナスがあることで生活に余裕ができ、好きな物も買えますね。

今まで、ボーナスが支給されなかったことはないので毎年7月と12月は結構テンションが上がります。

工場勤務ではボーナスがあるため、収入が安定する理由の一つといえるでしょう。

工場勤務の年収が高いと言われるのは、ボーナスがあるからですね。

また、僕はボーナスを全額貯金していたため毎年100万円以上貯金できていました。

工場勤務の派遣社員の年収はどれくらい?

僕の工場で実際に働いている派遣社員の方に聞いた年収の話を紹介していきます。

  • ①年収は約500万円
  • ②月収40万円
  • ③ボーナスはないが、契約満了金がある

順番に解説します。

①年収は約500万円

工場勤務の派遣社員の年収は約500万円です。

派遣社員も正社員とやる業務は一緒です。基本的にライン作業で、決められた作業を一日こなすだけです。

派遣会社にもよりますが、時給1,200円〜1,600円くらいで、深夜手当なども支給されます。

派遣社員だとライン作業が終わった後の業務などはやらないため、ライン作業が終わり次第すぐに帰れるのがメリットといえるでしょう。

ただ決められた作業をこなすだけで年収500万円も稼げるので、短期間で稼ぎたい人には工場勤務をおすすめします。

②月収40万円

工場勤務の派遣社員は月収約40万円です。

派遣社員だと基本給がないので、時給や日給で給料が支払われます。

時給1,500円だとして、1,500円×9時間×22日=約300,000円

それに深夜手当などがついて月収約40万円になります。

なので、年齢に関係なく月収40万円を稼ぐことができるので、若い人なら工場勤務で稼ぐのもアリです。

しかし、工場勤務ではスキルは身につかないため長期間働くのはおすすめしません。

なぜなら、スキルがないため色々な工場を転々とするしかなくなり、歳を取ってしまうので時給が上がらず人生の難易度が下がらないからです。

結論として工場で働きつつ、勉強をして自分で稼げるようになるのが一番効率がいいでしょう。

③ボーナスはないが、契約満了金がある

派遣社員が正社員と違うところの一つとして、ボーナスが支給されません。

とはいえ、派遣社員でも半年間の契約期間を達成すると、契約満了金というものが支給されます。

この契約満了金は20万円支給されるのでかなり大きいです。

半年間、働き続けて20万円支給されるので最低でも半年間は続けたいですね。

なので、短期間で稼ぎたい人は半年間、工場で働いてみてもいいでしょう。

最後に

この記事では、正社員と派遣社員の年収や月収の違いについて解説しました。

派遣社員の方でも一年間働き続けると、正社員になる試験が受けられて合格すると正社員になれます。

工場で一回働いてみて、自分に合っているなと感じたら正社員になるのも良いでしょう。

工場勤務の年収は平均より高いので、ある程度余裕のある暮らしができるので稼ぎたい人におすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる