エアロチーノ3の使い方やお手入れ方法を詳しく解説します

ネスプレッソの自動ミルク泡立て器「エアロチーノ3」を購入しました。

設置方法や使い方について解説します。

目次

エアロチーノ3の設置方法

まずは設置の手順からご説明します。

1.アース線を繋ぐ

エアロチーノ3にはアース線が付いています。

アース線は冷蔵庫等の家電製品に付いていますね。万が一漏電が起こった際に電流を地面に流して感電の危険性を下げる装置です。アース線は繋がなくても問題なく使えるとよく耳にしますが、一応繋いでおきました。

2.コンセントにプラグを差し込む

アース線を繋いだら次にプラグをコンセントに差し込みます。

3.本体を電源ベースに乗せる

コンセントは電源ベースに繋がっています。

本体を電源ベースに乗せます。

電源ベースに本体を乗せることで、本体に通電する仕組みになっています。

これで設置完了です。

エアロチーノ3の仕組みと部品について

電源ベースと本体

↓コンセントプラグは電源ベースに繋がっています。

↓こちらが本体。

電源ベースに本体を乗せることで、本体の底から通電する仕組みになっています。

泡立てスプリング・リング

エアロチーノ3の本体の中にはミルクを泡立てるための「泡立てスプリング」と、ミルクを温めるための「リング」が入っています。

この部分と本体は磁石でくっついているので引っ張ると簡単に外すことが出来ます。

取り付ける際も、乗せるように嵌めれば磁石なので引き寄せてくっついてくれます。

泡立てスプリングとリングは取り外して分解することが出来ます。

ミルクを泡立てる時は泡立てスプリングを取り付け、泡立てずに温める場合は泡立てスプリングは外しておきます

外した泡立てスプリングは蓋の内側に保管スペースが設けられているので失くす心配がありません。グッドアイディアですね。

エアロチーノ3の使用方法

エアロチーノ3では以下の3パターンのミルクを作ることができます。

  • ミルクを温める
  • ミルクを温めながら泡立てる
  • 冷たいままミルクを泡立てる

それではミルクの作り方をご説明します。

1.泡立てスプリング・リングを付ける

ミルクを泡立てる場合は(ホット・アイスともに)、泡立てスプリングを取り付けて本体にセットします。

泡立てずに温めるだけの場合は、泡立てリングは外して温めリングのみ本体に取り付けまず。

部品の説明の項でもご説明しましたが、本体とは磁石でくっつく構造になっています。

本体に嵌めるだけで取り付け完了です。

2.本体にミルクを入れる

ミルクを入れる最大量が決まっていて本体の内側にラインがあります。(炊飯器のように)

上のラインが「ミルクを泡立てない場合」、下のラインが「ミルクを泡立てる場合」の最大量のメモリになっています。このメモリ以下であれば好きな分量でかまいません。

泡立てる場合は、泡立つとどんどん量が増えるので最初に入れる牛乳の量が少なめに設定されています。

ミルクを入れたら蓋を閉めます。

3.本体を電源プラグに乗せる

本体を電源プラグの上に乗せたらセット完了です。あとはボタンを押すだけです。

4.ボタンを押す

ボタンを押せば自動で泡立てや温めが開始されます。途中で停止する場合もこのボタンを押します。

ボタンはこの部分の一か所だけです。このボタンの押し方によって作るミルクの種類を決めることが出来ます

ミルクの種類別の操作方法は以下の通りです。

温めるボタンを一度押す
温めながら泡立てるボタンを一度押す
冷たいまま泡立てるボタンを2秒長押しする

「温める」「温めながら泡立てる」の操作方法は同じですが、泡立てスプリングを付けるか外すかによってミルクの 仕上がりが変化します。

ホットの場合は泡立てや温めが開始されるとボタンが赤く点灯しますアイスの場合は青く点灯します。泡立てや温めが終わるとランプが消えます。消えたら完了の合図です。

今回は、温めながら泡立ててみました。

ぐるぐるとミルクが回って泡立ってきました。

出来上がると、このようなきめ細かいフォームミルクが完成しました。

開始ボタンを押してから終了までの時間は、ミルクを温める場合は約3分、温めながら泡立てる場合は約2分、冷たいまま泡立てる場合は約2分です。(※エアロチーノ3の取扱説明書から引用)

ネスプレッソのマシンで淹れたコーヒー(エスプレッソ)に混ぜてカフェラテにしてみます。

とっても濃厚でおいしいカフェラテが作れました!

アイスのカフェラテを作る場合は、ミルクを冷たいまま泡立てると簡単に作れますよ。氷を入れる場合も、ミルクの温度が低いので氷が溶けにくく、とてもお勧めの機能です。

カフェラテにする場合、ミルクの量は最大量で作ってもカップ2杯分かな、といったところです。

家庭用として使うのであればこの量で十分ですが一度に大量のミルクを作りたい場合は容量が少ないかもしれません。

エアロチーノ3のお手入れ方法

使用後のお手入れ方法について、取扱説明書に従って解説します。

1.本体を分解する

使用後は本体から電源ベースを取り外し、分解します。

↓分解した部品はこちら。少ないので洗うのはそれほど面倒ではありません。

2.洗う

台所用洗剤を使用し、40℃くらいのぬるま湯で洗い、十分にすすぐ。

※電源ベースは洗えません。電源ベースが汚れた場合は乾いた布で拭き取ります。エアロチーノ本体は水洗い可能ですが、食器洗い機の使用や漂白剤などの薬剤の使用は不可となっています。

3.部品を乾燥する

洗浄後、部品を乾燥してお手入れ完了です。

エアロチーノ3取扱説明書

まとめ

エアロチーノ3の使い方とお手入れ方法についてご紹介しましたが、使ってみた感想や、カフェラテを作るためにセットで使っているコーヒーマシン「エッセンサミニ」についても記載していますのでよろしければこちらもご覧ください。

【ネスプレッソ】エッセンサミニとエアロチーノ3を使ってみた感想・レビュー

目次