夜勤あり工場勤務の旦那と結婚して大変だった事と良かった事。育児が辛い!

交替制・夜勤あり・工場勤務の旦那と結婚して大変だった事と良かった事を書き記したいと思います。

夜勤のある工場勤務の方とこれから結婚を考えている方・もしくは結婚された方でもこのブログ記事を参考にしていただけたら幸いです。

目次

夜勤あり工場勤務の旦那と結婚して大変だった事と良かった事。育児が辛い!

結婚して大変だったこと

育児がつらい

なんといっても一番大変だったのは育児です。
結婚してから子供が生まれるまでの2人だった期間は、それほど不自由はありませんでした。

子供が小さい頃は夜泣きや、夜中に熱を出したことが何度もありました。

夜中に子供が熱を出したり、万が一の事があっても家で子供と二人きりというのは非常に心細いです。

これは工場勤務に限らず夜勤がある職種の方は同じ経験をされているかもしれません。

どちらかの実家が近くにあり、頼れるのなら問題はないと思います。万が一の事があっても頼れる実家が近くにあるというだけで心強いでしょう。

また、いつでも使える車を持っていると便利です。

明け方の音で起こされる

勤務時間が夜なので、帰ってくるのが夜中や明け方になります。
これは勤める工場にもよりますが、夜勤は夕方家を出て日勤の時は早朝に出勤する会社が多いのではないでしょうか。

自分と子供が寝ている時間帯に帰宅したり出勤したりしますよね。
明け方に帰って来て玄関ドアの音、ご飯を食べる音やお風呂に入る音も聞こえてきます。

物音で起きない子なら大丈夫ですが、我が家の場合は何度も音で起こされました。

眠りが浅い乳幼児がいると大変です。

アパートやマンションではなく、一軒家に住んで一階と二階で分かれていれば音はそれほど気にならないかもしれません。

ご飯を作るタイミングが合わない

子供がある程度大きくなり、生活習慣が身に付き学校などに通い始めると、旦那の変則的な生活ではご飯を食べる時間が合いません。

工場によって時間帯は異なりますが、我が家は、夜勤の週は一度も家族揃って食事をする事がありませんでした。

夜勤の週は、朝は旦那が寝ています。
子供と自分だけで朝食を食べ、昼は子供が学校に行き、昼頃に旦那が起きてくるので旦那の朝食を作り、夕方から旦那は出勤し、その後で子供と自分だけで夕食を食べます。そして自分と子供が寝ている夜中~明け方に旦那が帰宅し、ご飯を食べます。

作り置き出来るメニューを考える必要があり、食事の時間もズレていてバラバラなので、料理をする回数が増えます。

旦那の夜勤終わりのご飯まで準備して作り置きするとなると、育児や仕事をしながらでは厳しいと感じる事もあるかもしれません。

共働きだと夜勤週はそもそも会う機会も減るでしょう。

夜勤がたまに(もしくは◯日に一回など)であれば良いのですが、一週間毎日ずっと夜勤で次の週は日勤で、という一週間ごとに交替制の生活を繰り返すというのが体力的にキツイです。

働いている本人が一番キツイのですが、一緒に生活する家族も大変です。

結婚して良かったと思ったこと

浮気のリスクが少ない

工場勤務の場合、職場に女性が少ないので出会う機会がありません。
勤める工場によっては女性も居たり、むしろ女性の割合が多い工場もあります。

しかし肉体労働やハードな部署だと女性は少ない傾向にあります。

一日のうち仕事が占める時間は長いので、仕事で女性と接する機会がほとんど無い職場では浮気や不倫のリスクは低くなります。

男性が多い工場で仕事をし、終わったら帰宅するので女性関係での不安や心配になる事がほとんどありません。

出費が少ない

工場で働いていると、仕事内容は基本的に対人ではありません。
物作りや商品生産などのライン作業が多いでしょう。
お客さんや取引先とのやりとりもないので仕事上の付き合いや飲み会なども少ない傾向にあります。

人との付き合いが少ないと、交際費も少なく済みます。

またスーツや腕時計などを毎日身につける場合は購入する際に結構な出費になりますが、そのような出費は少ないでしょう。

そして工場は基本的に郊外にあります。
車で通勤する人が多いのもあり、仕事終わりに飲みに行くという習慣がなく直帰することが多いのではないでしょうか。

工場勤務の年収についての記事はこちら→工場勤務の年収は?【勤続10年の年収を解説】

まとめ

交替制で夜勤のある工場勤務の旦那と結婚して大変だった事と良かった事をご紹介しました。

変則的な生活が大変な一方で、出会いが無いため浮気や不倫のリスクが低く(これに関しては勤務する職場や男性本人の資質にもよりますが)、飲み会や人付き合いも少ないので、その面では結婚向きと言えるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる